ゆで太郎

ゆで太郎・もつ次郎/瑞穂店 @瑞穂 【限定/満腹鰻丼セット と 月見芋ミニ丼 と 唐揚げ】

今回訪問:2023/7/20

さて、
今日の昼ごはんは、瑞穂の[ゆで太郎・もつ次郎]へ。

2023-07-20-11-13-49-796

11:15入店 先客7~8(後客ちょろっと)
昼時になればもう少し混むんですかね?テーブル2席分を占領していっぱい並べたい自分にとって、お客さんの少ないこの時間帯がマジベスト。並べたい放題!座りたい放題!


2023-07-20-11-14-30-069_1

狙うはコレ⇧
もうすぐ土用の丑の日だから、鰻でも食べようかなってね。この季節になると、牛丼店やら、回転寿司やら、弁当屋やら、あっちゃこっちゃで鰻丼のたぐいが販売され始める。スーパーだって凄い。近所のAEONなんて、鰻の売り場が普段の5倍くらいになる祭りっぷりだもの。
そんなゆで太郎の鰻もかなりの高評価らしいので、こりゃ試さんわけにはイカンだろうってね。


20230720ゆで太郎1


おいしく・安く・気持ちよくを売りにしているゆで太郎としても、やはり鰻は高額商品と言わざるを得ないが、それでも蕎麦が付いてこの値段ならギリギリお買い得かなと思えなくもない。



しばらくすると・・・



2023-07-20-11-26-23-005
20230720ゆで太郎2

実に悪くない!見た感じからして、すでに当たりの予感🌸.*・゚


2023-07-20-11-27-24-087

大きさ的には都合23~25cmの1尾分。単品注文なら1200円。ちなみにハーフサイズのミニ丼だと、この鰻1枚(部位選択不可)で650円。海老天との合盛りメニューもあったが、ここは迷わずフル丼にしておかないと後悔するに違いない。


2023-07-20-11-28-18-041

悪くないどころか、非常に良い!冷凍ものを湯煎しただけの感じではなく、ちゃんと表面が焼かれている感じの歯触りと香り。そしてフワッとした口溶け。脂の乗りも、風味も申し分なく、旬の真逆に食べる鰻とは思えないクオリティーだ。

超ぉぉ柔らかいとか、超ぉぉ脂が乗っているとか、突出した特徴があるわけでもないが、全方向に高得点を獲得できるバランス型の優等生と思って頂ければよろしいかと。ホント旨ぇぇeeeぜ !


2023-07-20-11-28-58-331

こちらは鰻丼のPOPにも出ている「月見芋ミニ丼」。ご覧の通りオールセパレートで提供されます。(卵は自分で割りました)


ん?「鰻丼を食べといて、ミニ丼も食べるの?」って思ってます?だって…


2023-07-20-11-31-06-184

こうするっしょ!入口でPOP見た時、お告げを感じたんだよね。「汝、月見うなとろをやりんしゃい」って…。


2023-07-20-11-37-47-365

このとろろの粘りっぷりが凄い。自然薯ってことはないだろうから、そこは大和芋なんでしょうけど、出汁でのばしてない皮ごとおろした純とろろだから、芋感たっぷりで鰻の存在感に引けを取っていない。これも旨ぇぇeee ぜ!


2023-07-20-11-38-15-236

ちなみに「とろろ」も「生たまご」も単品注文出来るから、実はわざわざ「月見芋ミニ丼」を注文する必要は無い。トロっとさせるお告げを感じた人は、べつに単品で組んでもよろしいかと。

それとこのblogを打っているときに気付いちゃったのですが、「鰻丼(フル)」「もりそば」「月見芋ミニ丼」を食べる場合、今回のように満腹セットから組み合わせるより、単品の「鰻丼(フル)」1200円に「月見芋ミニ丼セット(もり)」680円を組んだ方が、内容が同じなのに何故か10円安い設定になっていた。予習足らずで失敗したな…


2023-07-20-11-29-18-407

今回[もつ次郎]メニューから唯一参戦させた初めての「唐揚げ」。「アジフライ」はすでに殿堂入りなので、選択肢を広げるため先ずは得意分野である唐揚げを調査してみることに。


2023-07-20-11-29-35-362

味・大きさ的に、3個/200円という価格面から見れば標準クラス。悪くないけど、良くもないってところだろうか。ただマヨネーズが調味料置場にあるので、かけ放題という点で他店よりアドバンテージが大きい。

しかしながら、王者「アジフライ」と比べてしまうと、レベチすぎて手も足も出ないのが現実だ。


2023-07-20-11-32-37-391

ゆで太郎の蕎麦は、結局この「もりそば」ですするのが一番ウマいんじゃないかと思っている。で今回気付いた点を一つだけ☝


2023-07-20-11-34-56-096

蕎麦と鰻はメッチャ合う!


2023-07-20-11-40-59-423

〆は蕎麦湯で。ただ、よく振ってから入れたのに、メッチャ薄かった。これなら割らずにキュッとやった方がよかったわ。


2023-07-20-11-42-06-707

同僚に「鰻丼は結局タレの味」と暴言を吐く不届き者がいる…。
確かによく考えてみれば、鰻重1人前が5000円超するような専門店も、今回のようにその1/3以下の価格で提供する店も、ぶっちゃけ驚くような味の大差はないのかもしれない気がしてくる。やはりそれは輸入鰻自体の品質が良くなっていることと、加工技術が日々進歩していることが大きく影響しているのだろう。
となると、不届き者が言う「結局タレの味」ってのも、あながち暴言でもないのかもしれない。タレだけでも、余裕で飯食べられるしな…。ココだけの話、自分的には甘ったるいやつより、醤油のキリッとした感じのタレが好みです。

今日は鰻を満喫出来たと言いたいところだが、逆にもっと食べたくなってしまったよ。どうしてくれんだ、ゆで太郎!



ごちそうさまでした



前回訪問:2023/3/7(全店舗共通)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

(住所)東京都西多摩郡瑞穂町長岡1-1-1
(電話番号)042-557-8513
(営業時間)24時間営業
(定休日)なし
(席数)47席(内カウンター20席くらい)
(喫煙)外に灰皿アリ
(駐車場)いっぱい有り


2023-07-20-11-48-08-291_1

ゆで太郎・もつ次郎/瑞穂店 @瑞穂 【限定/もつ鍋ら~めん と ご飯 と のり弁 と カレールー】

今回訪問:2023/3/7

さて、
今日の昼ごはんは、瑞穂の[ゆで太郎もつ次郎]へ。

DSC_6791

つい先日行ったばかりだけど、3月頭からもつ次郎サイドで面白そうな限定が始まったので確認しに再び行ってきました。


10:35入店 先客4人のガラガラ状態。皆さんH3ロケットの打ち上げ中継でも見ているのだろうか?そんな自分も車のテレビで無事打ち上がってたのを見てから店に入ったんだけど、食べ終わって再びテレビを見たらビックリよ。ドラマのようにはいかないのね…🚀


もつ鍋ら~めん

話を戻しますが、面白そうな限定ってのがコレ⬆。もつ次郎だから「もつ鍋」は確実にやるだろう。アニキ分のゆで太郎ではラーメンも提供されている。よって「もつ鍋ら~めん」の提供は、誰もが想像出来る当然の流れだと言える。ただひとつ気がかりなのは、ゆで太郎のラーメンが正直推せるようなものではなかったような記憶があること。同じ麺の可能性もあるので油断はならない。今のところ期待と不安は半々っといったところだな。


20230307もつ次郎1


食券を渡した際に、何度も何度もアジア系のスタッフに聞き返される。言葉が通じていないとかじゃない。アンタの言いたいことは分かるよ。飯と飯、大盛りと大盛りだってば!


イイんだよ、食券通りで!


ちなみに「アジフライ2枚」は、テイクアウトですからね。



しばらくすると・・・



DSC_6801
20230307もつ次郎2

なんとも昭和感漂う黄金の鍋。ある意味映えて面白いけど、自分の頭にあるもつ鍋のイメージってこうゆう鍋じゃないんだよね。そもそも、もつ鍋と言えば牛もつだし!!
カセットコンロや固形燃料でグツグツ煮ているわけでもないので、ウケ狙いの見た目だけって可能性も考えられる。まだ鍋の外観を見ただけだし、この段階ではまだなんとも言えないな。


DSC_6807

・蓋を開ければメッチャもつ鍋
トッピングは、もつ・モヤシ・ニラ・こんにゃく・ネギ。たっぷりのニラが乗ってるので、前回食べた「ニラにんにくもつ煮」に似ている気がしないでもないが、やっぱ鍋に入っているってだけで強制的に「もつ鍋」に見えてしまいテンションが上がってくる。


DSC_6814

・ストレートなド真ん中
めっちゃ想定の範囲内、きっと誰もが「まあ、こうだろな」って思うだろうサプライズゼロな味。で、美味いの?不味いの?って聞かれたら、、、、ちょっとウマい!!


DSC_6816

味もパッと見で感じた「ニラにんにくもつ煮」に実際似ていて、脱線しない程度にラーメンスープっぽく纏められている。ただ、塩味的にも脂感的にも少々物足りなかったので、予め準備しておいた天かすと赤鬼と呼ばれる唐辛子っぽいものを投入しリカバリー。それでも、、、、ちょっとウマい‼


DSC_6792

すこし脱線しますが、「赤鬼」というのは、一味・七味・すり胡麻・ゴマ油がブレンドされた調味料なんですって。辛味という観点からすれば、一味や七味のみを使った方が辛くなるのかもしれない。それと前回ちゃんと見れなかった調味料ですが、もつ次郎メニュー専用ってのは、宮寺店(ゆで太郎単独)で見たことの無いマヨネーズくらいなものだろう。


DSC_6820

今回サイドを飾るのはこの3品。


DSC_6821

助宗鱈のフライと、太刀魚の竹輪の天ぷら。アジフライには到底敵わないが、どちらも揚げたてだからやはりかなりウマい!!


DSC_6824

カレー丼なんてのもアリ。フライかじってごはんを食べて、天ぷらかじってごはんを食べて…箸が止まらない!!! ゆで太郎のカレーってもっと甘かったような記憶があったけど、なんだか如何にも蕎麦屋のカレーっぽい味がした。久しく食べないうちに、アップデートでもしたのだろうか?しかもこのカレールー、前回貰ったクーポンで無料だから尚更ウマく感じちゃう。今日もまたクーポンくれたし。無限かよ!


DSC_6826

カレールー1/3くらいをもつ鍋へドバっとぶっかけ、カレーもつ鍋としてごはんをフィニッシュ。ただ最後をカレー〆ると余韻がカレーになっちゃって、今日のメインであった「もつ鍋ら~めん」の記憶がぶっ飛んでしまうので真似する人は注意されたし☝


DSC_6829

終わってみれば大満足しているわけだが、でもそれは量の結果であり、「もつ鍋ら~めん」単品としての印象は終始『ちょっとウマい』にとどまった。やはり限定はワクワク感とか驚きが必要であり、今回そうゆうものが「黄金の鍋」のビジュアル以外に感じられなかったのが事実。それと不安要因であった麺もね…💦

もつ次郎としてはまだ2度しか来ていないので、今後の限定も見守りつつ引き続き調査をしていきたい!



ごちそうさまでした



前回訪問:2023/2/24(全店舗共通)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

(住所)東京都西多摩郡瑞穂町長岡1-1-1
(電話番号)042-557-8513
(営業時間)24時間営業
(定休日)なし
(席数)47席(内カウンター20席くらい)
(喫煙)外に灰皿アリ
(駐車場)いっぱい有り


DSC_6831

テイクアウトでも、アジフライはかなりウマい!!


スポンサーリンク
記事検索
アーカイブ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク
お知らせ
2023/12/15
 今更ですが、https化してみました。
2019/11/17
 もっとシンプルにしました。
2019/11/16
 なんとなくアイコンをシンプルなものにしてみました。
2019/1/1
 明けましておめでとうございます。今年もダラダラっとやっていきますので、今まで以上のお付き合い宜しくお願い申し上げます。
さて、今年から読んでもらうだけじゃなく様々な疑問質問を投げかけます。時間許す限りディスカッション出来ればと思っておりますので、お付き合い頂けると幸いです。
2018/8/31
 最近店選びの段階でパンクしてしまい、どこにも行かず帰るパターンがあったりなかったり。
「○○に行け」的に指令くれれば参考にします。射程距離範囲内に限ります。
2018/4/16
 ちょっとだけカテゴリーを整理しました。
2017/5/9
 今さらですがTwitter始めました。使い方わかりません・・・
2017/2/7
 スマホ版をPC版と似たデザインに変更しました。
2017/2/4 
 PC・スマホ版に広告再開しました。
2017/1/1 
 PC用のみデザインをシンプルなものに変更しました。
ポチっと
お問い合わせ
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ