@あきる野

五ノ神精肉店 @あきる野 【肉の日限定/和え麺 ブリだらけ&ブリ汁 と 辛味噌ごはん】

今回訪問:2024/2/9

今日は肉の日!……もとい、今日肉の日!毎度お馴染み[五ノ神精肉店]へ。

2024-02-09-13-25-07-837
見逃しがちな2/9の肉の日も今じゃすっかりお手の物だが、前回の肉の日から11日しか経っていないので何か今ひとつテンションのスイッチが入らない。……なので、脳にガツンっとくるヤバい一杯で目を覚まさせてッ、社長!

13:25現着で、外待ち7番手に接続。入店まで10分とかからなかったし、後続も数人と少なめですでにピークは過ぎていたのかもしれない。もしかして、未だ2/9が肉の日であることを見逃しているうっかり者が多いのか?それとも、テンション上がらず「肉は要らねぇ~よ~」的になっちゃってるのか?情報収集不足だぞキミ達!

2024-02-09-13-25-26-913

刮目して欲しい、今月のテーマは・・・

ブリ!

毎回肉の日の前夜にメルマガと𝕏でテーマが発表されるのだが、今回それを見るや否やいきなり脳にガツンと一撃を喰らわされる。まさかのブリで先手を取られた印象だ。

ただ、神聖な肉の日に魚って…アリなの?決してブリが嫌いなわけでは無いが、めちゃくちゃ好物好ってわけでもない。強いて言えば、普通に好き。今は旬だから普通よりもうちょっと好き。確かにインパクトはあるがこれが鮮魚系のラーメンとなると話は違ってきて、魚臭の強めのやつだったら苦手なジャンル。なので、期待半分戸惑い半分なわけ。


◆肉の日限定メニュー
「和え麺 ブリだらけ&ブリ汁」1600
「大盛り」150
「味玉入り」150
「辛味噌ご飯」200
「黒毛和牛と檜原舞茸のおこわ(お土産)」1000


メルマガの内容をまんま拝借すると、「油ノリノリの石川県産と京都舞鶴産……10キロ超えの寒ブリを6本購入したので、中々のブリ祭りとなる予感です。麺よりブリのが多いです。お腹いっぱい派のお客様は、〆に「白飯」か「辛味噌ご飯」で残しておいたブリ切り身乗せたブリ丼にしてお楽しみください。ブリ好きには堪らない一杯です。」とのこと。むぅぅ、こう言われちゃうと、戸惑いつつもやっぱアゲ


しばらくすると・・・


2024-02-09-13-42-13-078
そもそもここ五ノ肉で鮮魚系を頂くのは、自分にとって(たぶん)初めてのこと。当然すべての限定を知っているわけではないし、元締となる[いつ樹]は海に特化した集団なので、支店で鮮魚系をやっていでも決しておかしくは無い。ただ私の中では、肉ノットイコール(≠)魚肉。五ノ神精肉店で魚を見ると、なんとも複雑な気持ちである。

2024-02-09-13-42-30-340
そんな気持ちとは裏腹に、実にウマそげ!もはや見た目は海鮮丼の領域。セットになっているブリ汁からも、ぼと良い海が香ってくる。まさにブリ尽くし、ブリ三昧、おさかな天国、そんな言葉がちょうど良い。

トッピングを見ると、ブリの刺身・メンマ・小口ネギ・岩海苔・蕪とかの浅漬けなどが乗せられてめっちゃ煌びやか。まるで観光地で食べる飯のようだ!

2024-02-09-13-44-14-705
ちなみに和え麺は冷製仕立て。まあイメージ的に分かっちゃいたが、新鮮なブリが乗っているのだからコッテリ系や濃い味系で攻めてこないのは当たり前。かと言って冷やし中華のように酸っぱ仕立てでもない。まったく角のない「究極の円」とも言えるような醤油ダレで、自己主張よりもブリを最大限引き立てる半歩後ろに下がった慎ましやかなお味でとても良き。

2024-02-09-13-45-59-160
そしてブリが果てしなくウマかった。さっき旬だから普通よりもチョット好きみたいなこと言っちゃったけど、やっぱメッチャ好き!血生臭い感じなんか一切なく、とろ~んとして円やか。ねっとりした嫌味のない脂感。その辺のスーパーとかで買って食べるソレとは、まったく別次元のものだった。きっと誰もがこれで飯を食いたくなるはずだ。

2024-02-09-13-45-04-621
ゆえにこうなる。辛味噌ごはんは本来〆用なのだろうが、最後まで飯をおあずけなんてそりゃ無理ってはなし。速攻でブリの刺身を乗っけ、わさび醤油を垂らしゃ、口に入れる前に即優勝!

2024-02-09-13-49-42-262
王道な食べ方が1番ウマいのだが、

2024-02-09-13-50-08-897
辛味噌を付けてもこれまた1番ウマい。岩海苔やアラレ?や揚げネギ?なんかのアクセントもあって食感も楽しい。

2024-02-09-13-46-59-430
これらに合わせて喉を通したくなるのが、隣で海の香りを漂わせているこの具沢山のブリ汁だ。刺身と違って多少魚臭を感じるものの、旨さがそれを上回っていた。ほっこりする味とはこうゆうものを言うのだろう。予定では辛味噌を混ぜてつけ麺風にとも思っていたが、余計なことはせずそのままがベストと判断。北陸へは行ったこと無いが、何故か懐かしい気持ちになれた。

2024-02-09-13-52-02-962
1枚だけシャブシャブと。これがまた、とろけるの。

2024-02-09-13-58-00-019
とまあ、身も心もブリの余韻で満たされた。実際には麺よりブリの方が多いことはなかったが、ある意味そうゆう感覚に陥っているのも事実。和え麺もウマかったけど、ブリがおさかな天国過ぎた肉の日だった!


ごちそうさまでした


前回訪問:2024/1/29

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

住所 東京都あきる野小川東3-9-13
電話番号 042-533-3715
営業時間 11:00~15:00 17:00~売切れ御免
定休日 ほとんど休み
席数 カウンター7席 テーブル4席×2卓
駐車場 70台



2024-02-09-15-47-52-838
こちらはお土産用の「黒毛和牛と檜原舞茸のおこわ」。肉ノットイコール(≠)魚肉に対する保険とした。結果的に全然ブリでOKでしたけどね。

2024-02-09-23-31-34-977
お夜食として頂きました。

五ノ神精肉店 @あきる野 【肉の日限定/牛味噌らーめん黒毛和牛のっけ と ポークカレー】

今回訪問:2024/1/29

今日は肉の日!毎度お馴染み[五ノ神精肉店]へ。

2024-01-29-13-21-01-630
もう一ヶ月経ったんかい!? もう肉の日かい!? 毎年この時期に思うことだが、年末年始はホント忙しない……

13:20着で外待ちの4番手。ただタイミングよくサクサクっと進んだので、さほども待たず入店出来た。ちなみに後客は外待ちを含めてざっくり20人くらいはいただろうか。

2024-01-29-13-21-24-053

今年一発目ののテーマは・・・

黒毛和牛

国産か外国産か知らんけど、何も表記していないところをみると、おそらく輸入物なのだろう。ま、妥当といえば妥当なテーマかな。昨年末は羊と山羊だったから、ワンチャン辰年にちなんで『ヤベェ肉』でも充ててくるかと期待はしてたけど…。まあ妥当で全然OK👌今回は冒険なしってことで、落ち着いてじっくり牛肉を飲むことに徹しよう。


肉の日限定メニュー

・牛味噌らーめん黒毛和牛のっけ 1450
・味玉入り 150
・ポークカレー 390
・替玉 150
・ライス 150


店内に味噌のいい香りが充満している。何気に五ノ肉で味噌に出会うことが少なく、肉の日だけのblogを遡っても1~2年はヒットしない。肉の日以外だと、2022/2/25に「合鴨味噌タンメン」ってのがあったくらいで、五ノ肉の味噌は私(すゝめ)にとって凄く縁遠いものとなっていた。なので…、ついさっき肉に徹しようと思っておいてなんだが、やっぱ肉だけではなくこの香りを始めとして味噌もじっくり堪能させてもらうことにする!


しばらくすると・・・


2024-01-29-13-36-24-537
なんとなく見た目の想像は出来ていたので、これといったサプライズはなし。まあローストビーフは乗っけてくるだろってねw 案の定これが乗っているわけだけど、やはり嗅覚が刺激されている分スープの方にどうしても気が取られてしまうわけで…スゲーイーニオイ

2024-01-29-13-37-43-596
ああぁぁ、ウマァァァい! 牛スジスープに麹味噌ダレを合わせたとメルマガに書いてあった通り、確かにとろ~んっとした口当たりで優しくも力強い味噌の味。これだよこれ!

2024-01-29-13-38-28-638
五ノ肉スペックの強い塩気だけど、麺と合わせるとこれがまたちょうど良い。プリッとしてパツッとした食感の中太麺も、この味噌スープに良くマッチしている。ただこのウマさには他の人とは違う秘密があって、実は注文時に油マシを申請しているんだよね。牛がテーマの日は『油マシ』がマスト!それゆえに「ウマさ」も「ペットリさ」も人一倍なのだ。

2024-01-29-13-35-48-532
トッピングは、牛の煮たり焼いたりしたやつ・白菜・メンマ・ネギ・味玉など。それと1月という正月的な流れなのか、お雑煮とかに入れられる麩も入っていた。

2024-01-29-13-39-06-810
ここまででも十分肉を飲んでいるのだが、モグモグするのも肉の日の醍醐味。今回の肉はローストビーフ(以下ロービー)と、煮込んだ牛すじを濃いタレで味付けた感じのものの2種類。
ロービーの部位はランプかモモなんだろうけど、まさに牛肉喰ってるぅぅう!ってな感じになる。ただこれを食べ熟す(こなす)には注意が必要で、赤味を帯びているレアな内はフニャッとしていて柔らかいのだが、スープで熱が入るとかなり硬くなってしまうというタイムアタックな代物。実際もったいぶって2枚残しておいたら、ちょっとやそっとじゃ噛み切れない反抗期が始まってしまった。もはやガム!! 半永久的に戦い続けなくてはならないが、肉好き好き人間からしてみれば「ずっと噛んでいられるなら、それはそれでラッキーじゃね⁉」と思うのかもしれない…。いずれにしても、肉喰った感はパネかった。

2024-01-29-13-40-56-474
本日のカレーはポーク。相変わらず飯物のラーメン同時配膳はしてもらえず。当然食べることが目的なので遅れたところで良いっちゃ良いのだが、投稿者としては『注文した商品全部バーン!』な画も欲しいのよ。ご理解頂きたい。

2024-01-29-13-42-03-715
そんなカレーはというと、少しゆるめのフルーティー仕立てで、毎度のことながら非家庭的でウマい。辛さという点では「ポケモンカレー」とかのお子様レベルではあったが、これも味噌スープの味をかき消さない計らいなかもしれない。今回390円という中途半端な価格設定が気になるところではあるが…

▼後半戦
2024-01-29-13-47-42-127
替玉+ライスをいつものように追加発注。替玉にはタレは足さず、油だけ入れてもらうスタイル。すると他にも足してくれちゃう社長、ごっつぁんでした。

2024-01-29-13-48-53-269
席のすぐ後ろに置いてあった花椒をかけてみると、思っていたほどビリビリとはこないものの中華な気持ちにはなれたかな。ただ分かっちゃいたことだけど、この味噌スープに極細麺は似合わない…

2024-01-29-13-53-01-204
で、〆はポチャン。粘度ある飯割りで口の中がペターッとする。沈んでいた牛すじ肉なんかもサルベージされて、満足感は全てここで整ったって感じ。実に良き!

2024-01-29-13-56-09-733
黒毛和牛により肉欲が満たされたことは間違いないのだが、やはり味噌の余韻の方が強く残る結果に。冬はやっぱ味噌がウマい!!! ───で、もう次が待ち遠しいと思ったら、そういやすぐ肉の日だった。


ごちそうさまでした


前回訪問:2023/12/29

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

住所 東京都あきる野小川東3-9-13
電話番号 042-533-3715
営業時間 11:00~15:00 17:00~売切れ御免
定休日 ほとんど休み
席数 カウンター7席 テーブル4席×2卓
駐車場 70台



スポンサーリンク
記事検索
アーカイブ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク
お知らせ
2023/12/15
 今更ですが、https化してみました。
2019/11/17
 もっとシンプルにしました。
2019/11/16
 なんとなくアイコンをシンプルなものにしてみました。
2019/1/1
 明けましておめでとうございます。今年もダラダラっとやっていきますので、今まで以上のお付き合い宜しくお願い申し上げます。
さて、今年から読んでもらうだけじゃなく様々な疑問質問を投げかけます。時間許す限りディスカッション出来ればと思っておりますので、お付き合い頂けると幸いです。
2018/8/31
 最近店選びの段階でパンクしてしまい、どこにも行かず帰るパターンがあったりなかったり。
「○○に行け」的に指令くれれば参考にします。射程距離範囲内に限ります。
2018/4/16
 ちょっとだけカテゴリーを整理しました。
2017/5/9
 今さらですがTwitter始めました。使い方わかりません・・・
2017/2/7
 スマホ版をPC版と似たデザインに変更しました。
2017/2/4 
 PC・スマホ版に広告再開しました。
2017/1/1 
 PC用のみデザインをシンプルなものに変更しました。
ポチっと
お問い合わせ
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ