2022初訪

(初)おがわや/福生店  @福生市  【味玉Wチャーシュー麺 と ミニ炙り叉焼飯 と から揚げ】

今回訪問:2022/10/14

さて、
今日の昼ごはんは、福生の丸亀製麺跡地にオープンした[おがわや/福生店]へ。

DSC_5243

ずぅぅっと昔、ここの駐車場を使った記憶があるような、ないような・・・。旧丸亀福生店には一度も行ったことがないから、恐らくお隣の「ガスト」に行ったのだろう。ほぼ忘れちゃうくらいこの辺は素通りするだけの無縁な場所だった。そんな所にラーメン屋が出来てしまった…


11:05入店 先客8くらい(後客いっぱい)
オープンしてまだ5日しか経っていないからか、十数分後には中待ちが、食べ終わる頃には外待ちが発生していた。この後詳しく書くけど、ロードサイドの丸亀の居抜きなので、ラーメン屋にしてはかなりのキャパがある大箱店舗となる。カウンター席より、テーブル席・小上がりの方が多いところを見ても、小さい子のいる家族連れや、年配客をターゲットにしているのだろう。確かにそうゆう人達に、使い勝手が良さそうだ!


DSC_5248

店内に入ると苦手なタッチパネル式の券売機が。外国人が多い土地柄なのに、キャッシュレスには未対応だった。

メニュー構成は、醤油・味噌・塩(未提供)のラーメン。つけ麺や汁なし系は無い。その他もろもろのトッピング、唐揚げ・餃子のサイドメニュー、飯物は今回注文するミニ丼1メニューのみしか見当たらない。思っていた以上に選択肢が少ない印象だ。


DSC_5250

しかも券売機で調整も選択しちゃうという。面倒くさがりからして言えば非常に便利だし、受注ミスも少ないかもしれない。
ただねぇぇ、券売機が1台しかないので混雑時に初見客や優柔不断な客がちんたらソコで時間をかけてしまうと、入店の流れがメッチャ悪くなってしまうのではと心配にもなる。


20221020おがわや1


フードコートや高速道路のSAなんかでありがちな、食券購入と同時にデーターが厨房に飛ぶシステムでもなく結局席で受注するわけだから、やっぱ調整は席でイイんじゃないだろうか・・・。慣れている人はともかく、年配客とか調整初体験的な人に対しては、そっちの方が親切な気がすんだよなぁぁ?


久方ぶりの初訪店なので、配膳待ちの間に店内チェックを。

DSC_5255

カウンター8席・テーブル4席×4卓・小上がり4~6席×3卓。カウンター天板の奥行45㎝(5㎝分は調味料等が置かれるので実質40㎝)、椅子固定、席間ちょい狭、ビニ系のパーテーションがカウンターに設置されているが減席はされていない。


DSC_5254

小上がりの方はこんな感じ。ファミリー層には嬉しい広さですね。ちなみに今日は水は今回持ってきてくれましたけど、この造りの感じだと今後はおそらくセルフかと・・・


DSC_5256

卓上には、醤油・酢・ラー油・唐辛子・ラーメンのタレ・生にんにくがスタンバイ。
生にんにくはグッジョブだが、絞り器の使い方の説明がイマイチ足りない。この絞り器は使い廻すの?それとも一人ずつちゃんと回収されて、洗浄済みのものが毎回セットされるの?だって前客の使った絞り器って使いたくないじゃん。そのへんハッキリさせといて欲しいもんです。



しばらくすると・・・



DSC_5264
20221020おがわや2

見た目は悪くない。悪くないけど、良くもない。大型店の家系ならこんな感じかと思っていたが、この後まったくの思い違いに気付かされることに。


DSC_5266

トッピングは、チャーシュー・ほうれん草・ネギ・海苔・味玉。
パッと見の派手さは無いけど、Wチャーシューってのは親切設定だな。初訪店でこうゆうのがあるのは、いろいろ試したい派にとっては非常に有難い。


DSC_5271

ドンピシャだった!
店の看板に合った「濃厚豚骨」の文字にドキドキしていたが、油分が想像以上にあっさりしている。いや、あっさりってのは語弊があるかもしれない。かるくトロミがあって、しっかりした豚骨感。塩味もマイルドというよりかはキリッとした感じ。濃厚豚骨醤油っいうから勝手に家系って決めつけていたけど、鶏油じゃないだけでこんなにも違うのね。


DSC_5277

麺はアルアルだが、思っていたよりも短く無くて良き!実にバランスが良くて、今望んでいたラーメンにドンピシャだった!

今回初めてということで「麺の硬さ」はふつうにしたが、やわらかめがどのくらい柔わなのか是非試してみたい。味噌にも合いそうだ。


DSC_5272

見ての通り左がバラチャで、右が肩チャ。大き目のカットでなかなかの存在感もあり、これが5枚乗る「ちゃーしゅー麺」もアリだろうな。で・・・


DSC_5286_1


ホロホロ過ぎぃぃぃいいい!


DSC_5279

続いてサイド達のご紹介。


DSC_5281

から揚げの大きさは、ゴルフボールより少し大きいくらいか。生姜を効かせた薄めの下味で、ごはんのおかずというよりも、ラーメンの付け合わせくらいで丁度よい仕立て。3個で単品360円、セットなら330円、@120円(110円)は高くも安くもないって感じだろうか。


DSC_5285

チャ丼は、炙られた脂身の多い部位(たぶんバラチャの端)が軽く盛られている。一見「肉少なくね?」とも思ったが、何気にご飯の量とのバランスはイイ。甘口よりな濃いめのタレでじゃないので、やはりこれもラーメンの付け合わせを意識して作られているに違いない。

欲を言えばネギはもっと欲しいところ。アクセント的にニンニクを足しても美味そうだが、この量に一粒クラッシュするには多すぎるかも。から揚げのマヨネーズをチョン付けしたらさらに美味だった!


DSC_5288

最後に少し下世話な話をするが、席にあった追加トッピングのメニューを見ると「味玉」120円、「ちゃーしゅー1枚」140円・・・とある。ただ券売機のそれぞれのラーメン差額を見ると「ちゃーしゅー1枚」は135円となる。つまり後から衝動的に席で追加注文するよりは、食券購入時に予め追加させた方がちょっとオトクということだ。さらに今回食べた「味玉Wちゃーしゅー麺」は、基本である「らーめん」に「味玉1個」と「ちゃーしゅー1枚」が追加されたものであり、席での現金追加換算なら750+120+140=1010円、券売機換算なら750+120+135=1005円となる。でも1000円!!! しかも写真を見る限り「ほうれん草」もちょっと多いような気がする。オトク・オブ・オトクだった。一番人気メニューは、店の覚悟がうかがえた。

いろんな意味で良い店が出来た。味噌も、塩も、必ず食べに行く!



ごちそうさまでした



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

(住所)東京都福生市福生1067-5
(電話番号)042-513-3009
(営業時間)平日/11:00-15:00 17:30-23:00 土日祝/11:00-23:00
(定休日)なし※年末年始を除く
(席数)40席くらい(カウンター8席、テーブル4席×4卓、小上がり4~6席×3卓)
(駐車場)45台


DSC_5290

有料駐車場だけど、おおむね無料・・・


DSC_5292

広いのに、満車・・・



(初)~空港ラーメン~ 天鳳 @羽田第1ターミナル 【天鳳麺 と 半チャーハン と 水餃子】

今回訪問:2022/7/15

さて、
今日の夜ごはんは、羽田空港第1ターミナルにある[天鳳]へ。

DSC_4311

羽田空港は、タンメンや味噌ラーメンなどの専門店?や、家族連れに好まれそうなファミレスチックな店、[東池袋大勝軒][六厘舎][せたが屋]などの超有名店なんてのも出店していて、ある意味ラーメン好きにはたまらない商業施設と言えよう。中にはゲート内の店舗もあるので、搭乗する飛行機によっては食べたくても食べられないということも。羽田初訪の方は、よ~く予習をして行く方が賢明かと思う。


T1 B1 マップ

今回伺ったこの[天鳳]は、第1ターミナルB1の北ウイング側の奥まった場所にあります。フロアマップで見るとのところ。お洒落で開けた(ひらけた)店が多い羽田空港の中で、ここだけ昭和感漂う町中華がそのまま飛び込んできたようなオーラを放っている。そのギャップゆえなのか、かなりの人気店との噂がある!


17:45入店 先客3(後客7)
想像してたより客がいない。もっと注文が飛び交う活気ある店内を想像していたのだが、地元のラーメン屋のアイドルタイムそのまんまの印象を受けた。イメージを大きくし過ぎて些か拍子抜けではあるが、たぶんそれでも人気店!(のはず)


DSC_4326

入口前の券売機で先ずは食券を購入。


DSC_4315

店名を冠する「天鳳麺」。これこそがこの店の人気を支えるイチ推しメニュー。さきほど町中華と言っちゃったけど、券売機を見る限りほとんどが麺メニュー。一品料理とか出てきそうな雰囲気がありそうだがほぼほぼラーメン屋でした。


20220715天鳳1


単品で注文するよりセットのほうが130円お得!それと後から気付いたことだけど、「ドリンクセット」にして「樽生」を頼めばさらに50円お得になっていたようである。まあ損はしてないけど、もっと予習をしておけば良かったなと少し後悔 ( •´д•` )チッ‪‪💦‬


ちなみに、こんな感じの店内。

DSC_4357

カウンター8席・テーブル2席×5・7席×1の計25席。7席と言っても2席テーブルが3卓寄せられて7席取っているので、7番目の人はメッチャ狭い感じになりそう。
今回座ったのが2席卓だったので、カウンターに関しては遠目からの憶測になるが、天板奥行40cmくらい・椅子固定・席間はきっと狭め・カウンターだけパーテーションなし。

席の配置的にファミリー向けではなさそうだ。どちらかと言うと、出張前後のサラリーマンが1人でふらっと入るような、訳ありな男女が賑やかな店を避けて来るような、旅行客でもないラーメン好きが来るような、あと空港内の職員とか、そんな人達が集う店だと思っていいだろう。

ただ昭和感漂うと言ってもディープな店ってわけでも無いので、女性ひとりでも入れる気軽さを感じた。


DSC_4358

卓上調味料は、胡椒・七味・カラシ・酢がスタンバイ。ここでふと思ったのだが、券売機で見たあのメニューの中で「カラシ」っていったい何に使うのだろうか‪.。oஇ‬



しばらくすると・・・



DSC_4329

先ずはコレから🍻✨
空港内は涼しいのに、どうも今日は喉が渇く。[BEER CAFE+]から始まって、いったい何杯飲んだだろうか???🍺o('▽'*o)潤え俺の喉!


DSC_4336
20220715天鳳2


色と照りに秒で惚れるとは、まさにこのこと()。中華料理屋で出されるようなガチビューじゃないか!


DSC_4341

所謂餡掛けラーメン。広東麺っぽく見えなくもないが、イカとか豚肉は見当たらない。白菜・タマネギ・ニンジン・ネギ・キクラゲ・タケノコ・ウズラなどが具材として使われているようだ。


DSC_4343

色味の割にはアッサリ目な味付け。餡の味が移ったのか少し甘さを感じる。


DSC_4346

方向的にはやはり知っている広東麺の味わいに近く、動物な要素とオイリーさがない分、見た目以上にライトな口当たり。少しモソっとした食感の麺も悪くない。


DSC_4348

パラパラ系のオーソドックスな半炒飯。可もなく不可もなくって感じだろうか。単体で食べるにはイマイチ物足りないが、サイドメニューの「半」だからこそこのくらいでちょうど良いのかも。天鳳麺の餡掛けをかけて食べると美味也!!︎💕


DSC_4349

水餃子の2種類のタレはよく分からなかったが、ビールのアテにはもってこいかと。ワンタン的にラーメンに乗せちゃうってのもアリかもしれない。

ただ2個で190円は高く感じないのに、@95円だと思うと高く感じてしまうのは何故に…


DSC_4355

こうゆう店は得てして普通にウマい!出先で非日常的なものばかり食べてきた人は、ホッと出来るラーメンで〆るとよろしいかと。JALでお出掛けお帰りの際は、一度立ち寄ってみては如何だろうか。



ごちそうさまでした



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

(住所)羽田空港第1旅客ターミナル 北ウイング B1F
(電話番号)03-5757-9246
(営業時間)9:00~20:00(LO19:45)
(定休日)無休
(席数)25席(カウンター8席・テーブル2席×5卓・テーブル7席×1卓)
(駐車場)空港施設の駐車場有り


スポンサーリンク
Twitter
ほとんど🍜の話。ナウとblog更新の2連射型🚀🚀 ラーメン垢のくせに、味の感想はツイらない新スタイルを貫く。細かい話はblog https://t.co/MzKIvKL1Yd に書くのでそちらでご確認頂ければと㊙️ 「あ~お腹が空いた」って時こそ読んで頂きたい🔥💪
記事検索
アーカイブ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク
お知らせ
2019/11/17
 もっとシンプルにしました。
2019/11/16
 なんとなくアイコンをシンプルなものにしてみました。
2019/1/1
 明けましておめでとうございます。今年もダラダラっとやっていきますので、今まで以上のお付き合い宜しくお願い申し上げます。
さて、今年から読んでもらうだけじゃなく様々な疑問質問を投げかけます。時間許す限りディスカッション出来ればと思っておりますので、お付き合い頂けると幸いです。
2018/8/31
 最近店選びの段階でパンクしてしまい、どこにも行かず帰るパターンがあったりなかったり。
「○○に行け」的に指令くれれば参考にします。射程距離範囲内に限ります。
2018/4/16
 ちょっとだけカテゴリーを整理しました。
2017/5/9
 今さらですがTwitter始めました。使い方わかりません・・・
2017/2/7
 スマホ版をPC版と似たデザインに変更しました。
2017/2/4 
 PC・スマホ版に広告再開しました。
2017/1/1 
 PC用のみデザインをシンプルなものに変更しました。
ポチっと
お問い合わせ
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ