醤油

自家製麺 まさき @昭島 【らーめん と 豚ダブル】

今回訪問:2020/2/22


コロナ自粛


禁止じゃなくて自粛だから強制力はなく、個々の判断に任すってことでしょ。
こうゆう時は必ずモグリが発生するもんです。


ramen01s




さて、
今日の夜ごはんは、東中神の[自家製麺まさき]へ。


CM200222-180324001

今日は仕事帰りなので、夜の部にお伺いです。まだ夕方の時間帯ですけど周辺は暗く、店だけが煌々と輝いていました。

18:05入店 先客2(後客1)
入店して早々「汁なし豚ダブルのお客さんですよね?」って、えっ💦

ナンデスト!?

こちらとしてはまだ10日前のことですが、それまでにお店にはたくさんの客が来ているでしょうに、それでも憶えて頂けたのは嬉しい限りですね。なんかそれだけで親近感湧いちゃいますよ。やり手の営業マンみたいな店主です。


それと、先客にお酒に負けてしまって乱れたお客さん(要は酔っ払い客)がいました。確かに呑んだ後のラーメンは美味しいけど、最低限のマナーは守ってもらいたいものですね。酔ってなくても、マナーの悪い人はたくさんいますけど… そんな人に、天罰あ~れ~👼


CM200212-131525005
(変更が無いので、写真は前回の転用です)

そろそろ②番のムチムチ麺を解放するとのことです。となると、「汁なし」の別verや「中華そば」がリリースされるってことになりますよね。待ち遠しいですな。


20200222まさき1


CM200222-180646003

先ずは、「生たまご」だけがサーブされます。冷蔵庫からヒョイと出した冷たいものじゃなく、しっかり常温でした。ラーメンの温度を下げさせない配慮でしょうね。


しばらくすると・・・


「どうします?」
「ヤサイチョイマシ・ニンニク・アブラ・火の粉別皿で!」



CM200222-181454004
20200222まさき2

とてもイイ~感じです。
野菜はチョイマシで抑えたんだけど、これ以上は増せないかも。「豚T」は無理だろな… あっ、トリプルね。


CM200222-181513008

トッピングは、ヤサイ・チャーシュー・背脂・ニンニク。
背脂は細かい系のやつで、かるく味が入っています。


CM200222-181608012

モヤシサイド。
おお、ここに余白があるじゃな~い。まだまだ豚が置けるじゃな~い。ヾ(°∇°*)っておい!
このてのラーメンには、絶対ニンニクが欠かせません。この辛味程度のニンニクならば、正直この倍入っていても美味しく食べられると思います。

でもこれが店側を苦しめる元凶だったとは露知らず・・・(サタステ見た方はわかりますよね)


CM200222-181504006

豚アップ。「汁なし」とは切り方と仕上げ方が違います。こちらは炭火で炙っておらず、蒸篭に入れて麺を茹でる蒸気を使い蒸して(温めて)います。

やはり豚がいっぱい乗っていると、気分の昂り方がダンチですね!


CM200222-181526009

この食べやすいサイズ感もイイ。小振りではあるがフワッとした食感に、しっとり豚の旨味あってこちらも美味しい。火の粉チョイ付けしたり、卓上のタレをチョン付けしたり、、、


CM200222-182111019

生たまごに浸けてみたり。ポチャ


CM200222-181546010

端豚とも脂塊とも言える、ハイブリットな1カット。マジとろけます。


CM200222-181849015

さてスープはと言うと、口コミ的にはアッサリ系と表現する人が多い感じ。が!いやいやコッテリしておりますよ。口当り優しめでドスンとは来ないまでも、それなりの重さがあります。しかも、タレのエッジがビンビンに効いていて「チト塩っぱいか?」と思わせといて、背脂やニンニクで結局バランスいい塩梅に。

スープを寸胴から片手鍋に移して再加熱していたので、煮詰まるようなことは考え難いですが、午前午後でその濃度とかに違いがあるのかもしれないですね。そうゆう楽しみ方もアリっしょ。


CM200222-181937016

こちらが、自家製のブリブリ麺。⬅️勝手にそう呼んでいるだけ。
確かに「汁なし」の麺は美味かった。でもでも、すゝめが思うに「らーめん」の方がシンプルに麺の味が伝わってくるんじゃないのかと。

うんっまい!

力強くゴツゴツした食感は、多摩人(たまんちゅ)のソールフードである「武蔵野うどん」に通ずるものがあるような。


CM200222-182210020

ん~、マイルドテイスト!マジでうどん啜っているみたいだわ。


CM200222-182312023

火の粉投入。
この頃にはスープに背脂がガッツリ混ざり込んで、口当りはもうペタペタまっしぐらです。辛味でキュッと味が締まり、味変アイテムとして別皿にしたのは正解だった。すゝめ的にはもっと辛くてもイイ気もしたが。


CM200222-182858024

残った生たまごはスープにオーバーソウルさせ、全てを包み込んでグビグビッと。
物量的なことかもしれませんが、よくあるコレ系を食べ終わった後のやっちまった感みたいなものがありません。今の自分にしっくり合っているのかも。


今日は店主と少しお話が出来て楽しかった。今晩テレ朝の【サタデーステーション】に出るらしいですよ。⬅️blog更新時にはとっくに終わっていますが、Twitter等で多くのかたがアップしています。

夜その番組を見ましたが、ニンニクが品薄で高騰しているようです。新型コロナウイルスがこうゆう所にも影響を与えているとの内容でした。ニンニクを入れ無いわけにもいかんしね・・・


混んでいるイメージで[まさき]に行くことを躊躇していた人、3連休なのに外出自粛の風潮が高まっている影響で空いている今がチャンスかも!かも!





ごちそうさまでした




前回訪問:2020/2/12
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

(住所)東京都昭島市 福島町1011-13
(電話番号)080-3170-9944
(営業時間)11:00~14:30/17:00~21:00(材料切れ次第終了)
(定休日)日曜夜の部・月曜
(席数)カウンター4席・テーブル4席×1卓
(喫煙)不可
(駐車場)無し




(初)梅浜亭 @青梅 【キャベツチャーシューメン】

今回訪問:2020/2/19


CM200219-230333005

ラーメンをど~しても食べに行けない時の禁断症状は、乾麺・鶏油・濃縮スープさえ家に常備しておけば大丈夫!
ラード・煮干し粉・生姜なんかでアレンジ決めれば、インスタントラーメンなんぞ足元にも及ばぬ至極の処方箋が出来上がります。

ちなみに、麺と鶏油は【業務スーパー】、濃縮スープは【楽天】ふりだし・スープ製造元・丸二です。

お暇な人は、お試しあ~れ~!!



ramen01s




さて、
今日の昼ごはんは、河辺の[梅浜亭]へ。


ガーン青


って、まさかの外観撮り忘れ。こりゃあ花粉の仕業ですわ🌲💦🌲💦🌲💦


11:35入店 先客9(後客いっぱい)
さすが評判のお店。「ごちそうさま」して帰る頃には12時を回っていましたが、外待ちが発生するほどではありませんでしたけど。


CM200219-113629003

久しぶりの後会計。メニューは壁に貼られているコレのみ。

平成前期の空気感!

写真左側の見切れた部分には、「辛子味噌」系のラーメン・「ネギチャーシュー丼」・「味噌キャベツ丼」の表示が。


20200219梅浜亭1


所謂家系の店のように、油量・濃さ・麺の硬さを調整出来るようです。口コミなどを見ると「あっさり」「うすめ」「軽めな家系」など、すゝめ的に物足りなさをイメージさせる表現が目につきましたのでプラス調整すべきかとも思ったのですが、初訪ですしあえてデフォルトで挑むことに。


配膳待ちの間に、初訪のルーチンでもある店内チェックを👁️‍🗨️


CM200219-113622002

カウンター12席くらい。カウンター板奥行45cm、椅子非固定、席間普通。後客が右隣に来ましたが、肘が触れそうな圧迫感はありません。ただし、お冷のピッチャーの上部がカウンター上段にぶつかるので、奥に入らなくチト邪魔かな。いや、邪魔です。


CM200219-113725006

卓上調味料は、醤油・酢・ラー油・胡椒・ニンニク・ニラ&唐辛子がスタンバイ。

2人オペレーションで作業分担が出来ているようですが、調理を見ている限り1ロット3~4杯が限界、しかも作り切らないと次ロットを作り始めないため、タイミングが悪いと提供時間がメチャ長くかかっている。サラリーマンの短い昼休みには、実は不向きな店かもしれません。
それでもこれだけ人気があるってのは、「味」だけではなく「気持ちの良い接客」「行き届いた清掃」など、居心地の良さが大きく影響しているのだろうと鈍感な自分でも見ていてすぐわかりました。いいんでないの、ここ。



しばらくすると・・・



CM200219-114753010
20200219梅浜亭2

おお!大盛りアルアルの丸型のBIGどんぶり!カウンター越しに手渡され、ドシっとした重みが気持ちを昂らせます。


CM200219-114857016

トッピングは、キャベツ・チャーシュー・海苔・ネギ・ほうれん草。

脱線しますが、キャベツは【春キャベツ】が美味しい的なことがよく言われますが、私が思うに【冬キャベツ】の方が旨味(甘味)があると思っています。つまり店が入れている産地にもよりますが、キャベツは今が旬です!

そのうえ、このキャベツお湯で茹でていません。茶濁しているメインスープが入った寸胴の横にある、肉やら野菜やら薄っすら白濁したようなスープで茹でていました。

これが甘さの秘密!

追加オプションには無かったけど、ダブルやトリプルが出来るならしてみたいそんな旨味あるキャベツです。


CM200219-114830014

スープは、評判通りの美味しさ🤗 ライトな家系って言えば、確かにそんな感じかもしれない。

でも、ライトだからって物足りないわけでもない。濃厚豚骨に鶏油をオーバーソウルさせた上乗せ型ではなく、野菜も含めいろいろな旨味が適度にバランスよく溶け込んでいるそんな味わい。しかも超激熱!


うんっまい!


CM200219-115000021

麺は、中細のやや波。表面チュルチュルで、箸で摘まむとすり抜けていくチュルっとぷり。デフォルト?は気持ち柔めなので、個人的にはもう少し硬めでプリッとさせた方がイイかな。


CM200219-114911017

チャーシューは、ホロホロした食感の肩ロース。たぶん
味もしっかり入っているし、肉感もあって、これもなかなか美味しいじゃないの。


CM200219-115604023

ニンニク&辛子ニラ、投入の儀。
分かっていたことだが、メッチャ合います。某壺ニラと同レベルの辛さと思っていたら、メッチャ痛い目をみますので注意が必要です。フフフ


CM200219-115724024

ライスは、普通。うん超普通。
目の前にあった電気釜で炊いたのだろうか?それとも保温だけのための電気釜か?いずれにしても、ラーメンに合わすライスとしては、やや水っぽいと言うか粒がフンニャリしていました。麺もそうですが、米もプリッとしたのが好きなんです。


CM200219-120413025

スープの量がハンパなく多いっす💦 最後まで熱々で、「喰った~」と言うよりも「飲んだ~」って感じ。美味しく楽しめました。

ここのご主人、けっこう目分量で調理されていますが、熟練の技なのか?それとも仕上がりにバラツキが出るのか?それも一つの楽しみ方なんですけど・・・



ごちそうさまでした



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

(住所)東京都青梅市河辺町6-12-8
(電話番号)0428-25-3041
(営業時間)11:00~15:00 18:00~20:30
(定休日)日・月曜日
(席数)カウンター12席
(喫煙)不可
(駐車場)7台くらい


スポンサーリンク
記事検索
アーカイブ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク
お知らせ
2019/11/17
 もっとシンプルにしました。
2019/11/16
 なんとなくアイコンをシンプルなものにしてみました。
2019/1/1
 明けましておめでとうございます。今年もダラダラっとやっていきますので、今まで以上のお付き合い宜しくお願い申し上げます。
さて、今年から読んでもらうだけじゃなく様々な疑問質問を投げかけます。時間許す限りディスカッション出来ればと思っておりますので、お付き合い頂けると幸いです。
2018/8/31
 最近店選びの段階でパンクしてしまい、どこにも行かず帰るパターンがあったりなかったり。
「○○に行け」的に指令くれれば参考にします。射程距離範囲内に限ります。
2018/4/16
 ちょっとだけカテゴリーを整理しました。
2017/5/9
 今さらですがTwitter始めました。使い方わかりません・・・
2017/2/7
 スマホ版をPC版と似たデザインに変更しました。
2017/2/4 
 PC・スマホ版に広告再開しました。
2017/1/1 
 PC用のみデザインをシンプルなものに変更しました。
ポチっと
お問い合わせ
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ