動物魚介

◆第1回 自炊麺◆ 中野大勝軒 【つけそば】

会社の先輩に[中野大勝軒]が大好きな方がいまして、こんなん2セット頂きました。
DSC_0059
「つけそば宅急便」、通販・お持ち帰り用のつけそばです。その方が休みの日に食べに行ったようで、その日の夕方「今日中に喰え」と言わんばかりに手渡されました。

DSC_0060
頂いたのはこれが初めてではなく、前回はなんとどんぶりも一緒に。つけそば並盛り300gがちょうど入る大きさです。
なんともナイスな先輩です。

折角なので、今回はこれについて書いてみようと思います。
DSC_0064
開けてみるとこんな感じ。
麺・ストレートスープ・具材・ラー油・七味・鶏油が入っています。麺は茹で前でピッタリ300g。汁は2本で300㏄。賞味期限は製造日より3日間とかなり短め。

このままデフォルト調理してもいいけれど、いつも何かトッピングを自作します。
時間に余裕があるときは煮豚や味玉を時間かけてマジ仕込みするんだけど、今回は突然だったので時間も無く簡単なものだけ

①白髪ネギの七味和え(切って胡麻油と七味を混ぜただけ
②水晶豚もどき(片栗粉つけて茹でて味入れただけ
③生卵(割っただけ

そもそも[中野大勝軒]に行ったことがないから、本物を知りません。だから勝手な妄想で作ります。

DSC_0065DSC_0068
説明通りにつけそばを調理し、これらのトッピングをセットするとこうなる。

DSC_0069
「肉ネギつけそば+生卵添え」

以下いつもの感じで・・・

DSC_0072
つけ汁は、動物系+節系+野菜系ベースの清湯仕立て。醤油の塩気が強く、薄い油膜(鶏油とラー油)が浮いているが油っ気はほとんど感じないので、けっこう尖った感じがする。酸味を全く感じないんだけど、温め過ぎでとんじまったか?

DSC_0079
麺は4mm角弱のストレート。モッチリしていて表面ツルツルタイプ。密度高めだから、あつ盛りでも十分いける。

DSC_0085DSC_0075 - コピー
トッピングは、デフォがつけ汁側にメンマ・柵切りチャーシュー。自作トッピングは麺側にスタンバイ。
チャーシューは脂身多い部分は旨いけど、全くない部分はパサっていて硬い。メンマは太目のものがたくさん入っているけど、グニュグニュの食感がチョットね。
自作トッピングについては、水晶豚はブルンブルンで良い出来。ネギは普通。でもこれらが無かったら麺がむき出しで寂しいから、アリということで。

DSC_0087
つけ汁がしょっぱいので、生卵へセカンドダイブ。麺に醤油ダレが染みているわけでは無いので、すき焼きのそれとは違うけど、けっこう旨い。


さらに翌日・・・ 残りの1セットを2杯のラーメンに仕立ててみました。
DSC_0110
「味玉ネギラーメン」
ネギはつけそばの時とは変えて、黒胡椒と和えました。味玉は出来合いのもの。チャーシューとメンマは付属品を半分に。

麺は茹で時間短く(7分→5分)して、水締めしないで湯切りのみ。元々300gなので半分の150gはラーメン1杯分としては丁度良い。

問題はスープ。付属されているストレートつゆが300㏄(容器1本150㏄)なので、少なくても約2倍くらいに量増ししなくてはならない。塩気が強いので水で割ってもいけたかもしれないが、鰹+鰯+昆布の出汁パックがあったのでそれで出し汁をとり味を見ながら620㏄まで希釈した。

DSC_0113
上から見るとこんな感じ。ネギがチョット多かったかな?海苔も準備してたのに乗せるの忘れた・・・

それでも和風チックな魚介出汁香る一杯に出来上がりました。いい感じじゃないでしょうか。



一応総じて、、、おみやのラーメンでも非常に美味しく頂くことが出来ました。そしてラーメンを作るという仕事がものすごく大変だということを再確認致しました。
いつか店舗に食べに行こうと思います。


(初)めん徳 二代目つじ田/ららぽーと富士見店 @埼玉県富士見 【濃厚つけ麺】

今回訪問:2018/10/28

今日は、帰省したついでに巨大ショッピングセンター[ららぽーと富士見]へ。ららぽ史上、2番目の大きさだそうですよ。今までここに5~6回来たことあるけど、今日は随分と賑わっているように感じましたね。平日なのに何故でしょうかね。お世辞にも立地が良いと言えない場所に建っているのにもかかわらず、これだけ集客出来ているのが不思議です。

ランチは、フードコートに入っている[二代目つじ田]へ行ってきました。
CM161028-125830001
オープン当初は20~30分待ちの行列発生といったニュースを見たけど、今はそうでもないようです。ちなみに5人注文待ちでした。

メニューは、つけ麺・ラーメンのトッピング違いと飯物。周りのお客さんを見ると、寒いからかラーメンが多いような感じ。

フードコートってこともあって下手な冒険もしたくないから、まずは基本を選択。

「濃厚つけ麺」880
「大盛り」120
「チャーシューごはん」330

CM161028-125344001
ブルブル渡され、先に席取り。昼時だから結構混んでいます。フードコートにいる客のほとんどが、子連れの若いママか全然若くないマダム達。
様々な店がある中、麺食率はかなりのもんだ。

そんなこんなで、10分しないでお呼び出し。
CM161028-130008001
「濃厚つけ麺+大盛り+チャーシューごはん」

渡される際に、すだちは途中から麺に搾りかけて食べて下さいとの説明があった。正直もっとチンチクリンかと思ってたけど、ちゃんとしたやつでした。

CM161028-130059001
つけ汁は、トロ~ンとした高粘度仕立ての動物系魚介醤油。このポッテリ感は鶏由来のものだろうか、クリームスープのように口の中をコーティングしてくれる好きなタイプ。単体で頂くにはチョイと塩気強いけど、太麺にたっぶり絡めるとベストな塩梅に。
良く言えば、濃厚なのに油分多加のしつこさがなく、バランスが良くて食べやすい。悪く言えば、濃厚以外に特徴がなく味が単調。
ただ、途中からすだちを搾ったことで爽やかな軽い酸味が加わり、飽きずに食べきれちゃいましたけどね。

こうゆうつけ汁は、もはや旧式に属しているようにも思えるけど、それでも完成度の高いものは美味である。

CM161028-130050001
麺は、3.5mm角くらいで表面ツルツルのストレート。ちゃんと冷水締めされているので、引締まった食感と喉ごしが心地良い。
結構冷たいのでつけ汁に長いこと浸けていると、つけ汁がどんどん冷めていくのは要注意。
大盛りで、600㌘超。
今日みたいに肌寒い日には、熱盛りでホフっといきたかったんだけど、冷盛りのみの提供とのことで残念。

CM161028-130146001CM161028-130241001
トッピングは、つけ汁側にメンマ・ネギ・鷹の爪。麺側にチャーシュー・海苔。メンマはまるで枝みたいのがたんまりと。色のわりには味がない。チャーシューは肩ロースたろうか、大振りでかなりホロホロの良品なんだけど、如何せん冷たいのがねぇ。

CM161028-130118001
チャーシューごはんは、ほぐされたチャーシューがご飯の上にたんまり乗って、ネギと黒胡椒がパラリ。このままでも十分美味しいけど、ご飯の下(茶碗の底)には蒲焼のタレみたいな甘辛醤油ダレがたっぷりと。

たっぷりと・・・? もう、汁ダクダクでした。

これについての説明やPOPなど無かったが、きっと全部混ぜ込んでタレを肉や飯に馴染ませてから喰らえってことだと思う。気付かないでただ上から掘り下げて食べると、タレだけ残っちゃうんじゃなかろうか。

ほぐされちゃっているので肉量がよく分らんけど、330円はお得感アリかな。

総じて、チープ感や割高感と言ったフードコートのそれとは思えない、専門店のちゃんとした一杯でした。一流店は、どこに出店されても一流なんですね。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

(住所)埼玉県富士見市山室1-1313
(電話番号)049-257-5099

(営業時間)10:00〜21:00(ラストオーダー20:30)
(定休日)無し
(席数)いっぱい
(喫煙)不可
(駐車場)4600台
スポンサーリンク
記事検索
アーカイブ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク
お知らせ
2019/11/17
 もっとシンプルにしました。
2019/11/16
 なんとなくアイコンをシンプルなものにしてみました。
2019/1/1
 明けましておめでとうございます。今年もダラダラっとやっていきますので、今まで以上のお付き合い宜しくお願い申し上げます。
さて、今年から読んでもらうだけじゃなく様々な疑問質問を投げかけます。時間許す限りディスカッション出来ればと思っておりますので、お付き合い頂けると幸いです。
2018/8/31
 最近店選びの段階でパンクしてしまい、どこにも行かず帰るパターンがあったりなかったり。
「○○に行け」的に指令くれれば参考にします。射程距離範囲内に限ります。
2018/4/16
 ちょっとだけカテゴリーを整理しました。
2017/5/9
 今さらですがTwitter始めました。使い方わかりません・・・
2017/2/7
 スマホ版をPC版と似たデザインに変更しました。
2017/2/4 
 PC・スマホ版に広告再開しました。
2017/1/1 
 PC用のみデザインをシンプルなものに変更しました。
ポチっと
お問い合わせ
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ