ラーメン

北のラーメン みそら @入間 【限定/冬のスタミナタンメン と ガーリックチャーハン】

今回訪問:2022/11/25


さて、
今日の昼ごはんは、入間の[みそら]へ。

DSC_5674

ご存知の方が多いと思うが、こちらは北海道系味噌ラーメンを主として提供する入間の人気店。イオンスタイル入間の2Fにテナントとして入っているので、駐車場はいっぱいあるし、満席で外待ちになっても天候も関係ないし、食べ終わった後にお買い物も出来ちゃう、なんとも都合の良い立地条件。前回訪問から季節も変わったことだし、新しい秋の限定でもと思ってお伺いした次第。


11:05入店 先客4(後客いっぱい)
このくらいの時間じゃサクッと座れますが、30分過ぎれば外待ち確定(中だけど)だと思った方が良さそう。特に土日祝はメチャ混みすること間違いない。

DSC_5726_1

そんな秋の限定はと言うと・・・
あれっ、秋じゃない⁉ いきなり「冬」がきた!? いや待てよ、3ヶ月ぶりだから「秋」を見過ごしただけかもしれない。いずれにしても、どこよりも早い「冬季限定」じゃないだろうか。ちなみに今回はガッツリ系のタンメンなんですって。


20221125美空1


調整は、麺硬め・ニンニク増し増し。それと前回宿題としていたガリチャ味濃いめの可否を尋ねたところ、あっさりとOKが出たのでそれもお願いしておきました。



しばらくすると・・・



DSC_5702
20221125美空2

でたっ!! ちょっとやり過ぎ感のあるタンメン。みそらの盛りっぷりは、いつ見ても景気が良く期待を裏切らない!


DSC_5694

トッピングは、モヤシ・キャベツ・ニンジン・ニラ・キクラゲ・ネギ・豚挽肉・ニンニクなど。
増されたニンニクをレンゲに乗せてあるってことは、いきなり溶かさず変化させろってことなのだろう。なかなか気が利いているじゃないか。


DSC_5703

炒めてサッと煮てるだけあってモヤシは流石にクタっているが、他の野菜や挽肉がいい感じに混ざって思いの外に食感は賑やか。そこへニンニクをかるく絡ませれば、これだけでも既にウマ確!茹でモヤシとは全然違うリッチ感がある。


DSC_5713

そんな野菜を半分くらいやっつけたところで、麺をごっそりと丼底からサルベージ🐒
プリっと張りのある食感で、啜り心地ヨシ!噛み心地ヨシ!のバランス型。モヤシとのサイズ感も良く、タンメンとして使うには最適かもしれない。


DSC_5707

見た目に反してかなりあっさり味に仕立てられているスープ。これと言って何か別の油を足している様には感じないから、浮いている茶濁している油は豚挽肉を炒めた時に出たものかもしれない。野菜から染み出た甘味と肉から出た旨味が塩梅にブレンドされ、余裕でズバズバゴクゴクと啜れちゃう感じ。


DSC_5718

そこへオフホワイトな禁断の2アイテムを投入。ニンニクが無くてもこの限定は十分美味いが、それじゃ冬のスタミナにならないので必ず増し増しで入れることを強くおすすめしたい。

ただバターはこのサイズだと一時的な味変アイテムと考えた方が良さそうだから、スープ全体に溶かしちゃうより麺や野菜の上で溶かして部分的に絡めながら食べたほうがバター感を楽しめるはず。断言出来る!このニンニクバター醤油味を嫌いな人はこの世に一人もいない!!


DSC_5712

もう1個のバターはこちらに。
イメージでは悪魔的ガリバタチャーハンになるはずだった・・・


DSC_5721

ウマい!! 間違いなくウマい!!
味濃いめにしてもらったから、ニンニクも塩気もガツンと効いていているはずだったのだが、ラーメンのニンニクが被りその効果がイマイチ感じられない。ただ失敗したってわけでもない。逆に濃いめにしなかったら、ガリチャの味すら掻き消されていたかもしれないからね。ゆえにガリチャを濃いめにするときは、ニンニク系じゃないラーメンを注文した時に限るってこと!


DSC_5724

ぶっちゃけ想定内の味ではあったが、レギュラーである「味噌次郎」ともちょっとベクトルの違うスタミナ系タンメンも悪くない。



ごちそうさまでした



前回訪問:2022/8/15
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

(住所)埼玉県入間市上藤沢462-1 イオンスタイル入間2F
(電話番号)042-901-4575
(営業時間)11:00〜21:00
(定休日)無し
(席数)30席 (カウンター12席、テーブル18席)減席中かも!
(駐車場)イオン入間店無料駐車場(1500台以上)


(初)RAJUKU IN THE HOUSE by五ノ神精肉店 @あきる野 【濃厚魚介ラーメン と 炙りチャーシューごはん】

今回訪問:2022/11/9

さて、
今日の昼ごはんは、あきる野の[RAJUKU IN THE HOUSE]へ。

DSC_5539

ご存知の方がほとんどかと思いますが、ここはほぼ休業中の[五ノ神精肉店]の店舗を使い、今年の7月から月3回だけ[Ramem School ラ塾]がイベント営業的な感じやられているお店。そんな[ラ塾]については「あの地雷源の鯉谷氏が・・・」と言いたいところなんですけれど、blogを始める数年前まではそれほどラーメンをフィーチャーしていなかったのでお恥ずかしい話よく知りません。以前あきる野にあった[さいころ]もそれ系だったみたいですね。何度か行った記憶があるような、ないような…。


DSC_5538

初訪と言っても見慣れ過ぎた景色でまったくドキドキしない…。「あっ、ど~も~⤴」くらいなノリで扉を開けちゃいそう。


12:00入店 先客8(後客6くらい)
外待ちは出来ていなかったものの、満卓だったので5分くらい中待ちを。


DSC_5541

提供メニューは「濃厚魚介ラーメン」の一択。単発営業は予習がほとんど出来ないので、選択肢がないってのは迷わなくて済むからある意味助かる。


20221109RAJUKU1


特製全部入りとはノーマルの「濃厚魚介ラーメン」に、追加トッピングの「チャーシュー」と「うずら」の両方が乗っているものらしい。まあ勢いで全部入りをポチっちゃったがハズレることはないだろう。

それといつもみたいに初訪店の店内チェックでもと思ったが、ここは五ノ肉ですのでスルーします。スタッフは違えど(伊藤社長は居ましたが…)、感覚的には五ノ肉の居心地と変わらない空気感だったしね。強いて違いを探せば、2席テーブルが撤去され中待ち用の椅子が置かれていたぐらいかな🤔



しばらくすると・・・



DSC_5548
20221109RAJUKU2

もしかしてコレって、生徒さんの実地研修とか、制作発表とかそうゆう『場』なのだろうか?なんかいろいろ指示されながらオペられていました。あっ、卒検なのか!?


DSC_5553

トッピングは、チャーシュー・ウズラ・刻みタマネギ・ネギ・ナルト・海苔。
刻まれ損なったタマネギはご愛敬ってね。(タマネギ好きなんで逆にアリです)


DSC_5554

メニュー名に濃厚って付くわりには「濃厚???」って印象だけど、スープ自体がとにかく美味しい!
豚骨的ベースに「節」のニュアンスがしっかりと効いていて、ペッタリしつつも口にしつこさが残らない塩梅。かるいマー油の香ばしさもイイ感じだ。


DSC_5558

ただ世論的にはこの麺とスープの相性を「良い」とするのかもしれないけど、個人的には審議の旗を上げたい。
そりゃムッチリした太麺や幅広のピロピロ麺は合わないと思うよ、でもここまで細くなくてもよかったんじゃないかと感じたわけ。スープだけ啜った時はバランスよく感じたのに、麺と啜るとやたらとオイリーさが目立ってしまった。


DSC_5563

チャーシューはデフォで3枚。増し分として6枚?7枚?が別皿にチャージされてきた。これって結構オトクじゃないのか!? 1枚1枚が小振りではあるが、脂身が多かったり、逆に肉肉しかったり、ムギュッとハムみたいな食感のやつもいる。重鎮らしき人物(その雰囲気からしてたぶん鯉谷氏だろう)が切り分けていたから、ひょっとして意図的にそう組み合わせているのかもしれない。この肉かなり良き!


DSC_5552

濃いめのタレで味付けられた、お肉たっぷりのチャーシュー丼。かなりドッシリしてボリューミー。


DSC_5567

ボーボー炙っていたわりには、香ばしさはライトフレグランス。焦げ好きとしては炙り増しを希望したいところ。にしてもこの肉量で@300円は、なかなかの優秀丼と言って良いと思う。ちなみに卵黄が付いたら最優秀丼だったけどね。


DSC_5568

で、ここからはいつものように(初訪だけど)2回戦目へ突入します。
五ノ肉設定で言ったら150円は替玉のお値段。そこへ崩れ肉をドサッと付けちゃうんだから、何気にかなりのサービスメニューだった!


DSC_5570

確かにそのまま油そばとしても食べられるが、さすがにコレはちと塩っぱい💦


DSC_5572

なので、スープへドボン。残しておいたチャーシューを並べてから、胡椒をバサバサと。
和え玉に入っていたネギ油がいい香りを醸し出してくれる。スタート時に比べ油分の総量は確実に減っているので、2回戦目の方がサクッと食べられちゃう。胡椒で正解!


DSC_5574

で、〆にライスをポチャンしてサラサラ~っと流し込む。まだまだ余裕があったから、ポチャン前にもう一発タレなしの和え玉をかましても良かったかもしれない。クッ


DSC_5576

総じてウマい!月3回の他の日は「中華そば」や「鶏白湯」なんてのが提供されているので、いつかはどちらも啜ってみたい。

でもハードルの高さが問題だけど…



ごちそうさまでした



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

(住所)東京都あきる野小川東3-9-13
(電話番号)042-533-3715
(営業時間)平日11:00~売切れ御免
(定休日)ほとんど休み
(席数)カウンター6席 4席×1卓
(駐車場)70台くらい



スポンサーリンク
Twitter
ほとんど🍜の話。ナウとblog更新の2連射型🚀🚀 ラーメン垢のくせに、味の感想はツイらない新スタイルを貫く。細かい話はblog https://t.co/MzKIvKL1Yd に書くのでそちらでご確認頂ければと㊙️ 「あ~お腹が空いた」って時こそ読んで頂きたい🔥💪
記事検索
アーカイブ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク
お知らせ
2019/11/17
 もっとシンプルにしました。
2019/11/16
 なんとなくアイコンをシンプルなものにしてみました。
2019/1/1
 明けましておめでとうございます。今年もダラダラっとやっていきますので、今まで以上のお付き合い宜しくお願い申し上げます。
さて、今年から読んでもらうだけじゃなく様々な疑問質問を投げかけます。時間許す限りディスカッション出来ればと思っておりますので、お付き合い頂けると幸いです。
2018/8/31
 最近店選びの段階でパンクしてしまい、どこにも行かず帰るパターンがあったりなかったり。
「○○に行け」的に指令くれれば参考にします。射程距離範囲内に限ります。
2018/4/16
 ちょっとだけカテゴリーを整理しました。
2017/5/9
 今さらですがTwitter始めました。使い方わかりません・・・
2017/2/7
 スマホ版をPC版と似たデザインに変更しました。
2017/2/4 
 PC・スマホ版に広告再開しました。
2017/1/1 
 PC用のみデザインをシンプルなものに変更しました。
ポチっと
お問い合わせ
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ