サイドメニュー

横浜家系ラーメン 瑞穂大和家 @瑞穂町 【限定/ニンニク豚骨ラーメン と 唐揚げ】

今回訪問:2022/6/23

さて、
今日の昼ごはんは、横田基地前にある[大和家]へ。


DSC_3957

ちょ~っと早く来ちゃったので開いていません。そんなときは、ドンキの4Fから横田のアメリキャ~ンな飛行機でも見て時間をつぶします。


ニンニク豚骨ラーメンPOP

6/21より始まった 田田×大和家のコラボ限定を早速頂きに行ってきました。まあコラボと言っても、田田も大和家もブランドが違うだけで経営は同じ会社。だから「業種の垣根を越えて」とか、「東西の雄がタッグを組んでとか」のものではなく、ガストでもから好しの唐揚げが食べれます的なものと考えたほうが良さそうだろう。

たとえそれでも、久しく[田田]には行けてないし、近場であのインスパイアを感じられるならそれだけで十分ってものだ。しかも今回大和家には珍しく話題性も十分あり、かなり期待してイイ気がしてならない。


11:00入店 PP(後客8)
スタッフが入り口の鍵をカチャっと開けた直後に入りました。だって動いていない飛行機見るのも飽きたんですもの…。


DSC_3959

当然注文するものは決まっている。ただ、6/21~22のTwitterを隈なくチェックしてもこの限定メニューの詳細情報があまりにも少なく、大盛り・特盛りの可否や、マシ・マシマシ不可との噂とか、どんな豚が乗っているのかとか、LINEクーポン(ハズレの場合)で海苔のサービスの受け方など、いろいろと不明な点が多過ぎる。やはり人柱が必要だ…。


20220623大和家1


注文時に「何か調整等のお好みありますか」と聞かれたので、「えっ、コレ調整出来るんですか?」と逆に聞き返す。
すると「ええ、出来ますよ」とカウンターの壁に貼られているPOPに視線を流したのを俺は見逃さなかった。


DSC_3961

なるほどね、一瞬で理解出来ましたよ。

コッチサイドとしては、今回コラボ限定なわけだから所謂「ヤサイマシ・アブラマシ・ニンニクマシ」と言った[田田]的な調整が出来るのか聞いたのに対し、アッチサイドはあくまでも[大和家]としてのレギュラー対応だったってこと。


とりあえず注文までに分かったことを纏めてみると・・・

・大盛り/特盛りは出来ない。
この限定で使われる専用麺は茹で前で240g(並の1.5倍)とのこと。田田だと「小」にあたる麺量であるが、どうやら大和家では「大盛り」扱いのようである。券売機には特盛り不可との表記がされていた。

・無料トッピング(ヤサイ/アブラ/ニンニクのマシ・マシマシ)は出来ない。
ニンニクはおろしニンニクでイイなら卓上のを使えばいいし、ヤサイは「もやキャベ」@150円を追加TPすればマシマシっぽく出来るかと思う(ラーメンに盛ってはくれないだろうけど)。

・お好み調整は全て可能。

・海苔サービスはLINEクーポンのハズレ画面を見せればよい。


と、まあこんな感じになるが、注文までの不明点は概ね明らかになっただろうか。田田のようなと言うか所謂アッチ系の自由度はなく、思っていた以上にシバリ感のある印象が否めない💦



しばらくすると・・・



DSC_3967
20220623大和家2

べ、別にアンタのために作ったんじゃないんだから・・・。
ほら、早く食べなさいよ


と、誰かが言ってくれるわけでもなく・・・


DSC_3969

トッピングは、チャーシュー・モヤシ・キャベツ・味玉・刻みニンニク・背脂・海苔。


DSC_3976

逆サイドからも。
盛りっぷりは悪くない。むしろポイ!ヤサイは350㌘(Twitter調べ)なんですって。シルエット的に田田の「小・ヤサイマシ」がモデルになったんじゃなかろうか。まぁ未だかつて田田の「小」なんて食べたことありませんが、大和家限定としちゃインパクト大かと。


DSC_3979

スープ はレギュラー醤油ラーメンと同じもの…だろう。これと言って限定用のチューンはされていない感じがした。「アブラマシ(背脂)は出来ない」と注文時に気付いていたものの、もしかしての期待を込め「アブラオオメ(心の中であえてカタカナ)」で申請。結局はご覧の通りだが、鶏油たっぷりでこれはこれでマイルドに良き!


DSC_3986

オーション麺240㌘(茹で前)。田田で「大」か「メガ」しか食べたことない身としては些か物足りないが、ライスが無料で食べ放題だから量的なことはぶっちゃけどうでもよい。問題なのはソコじゃなくて、これが全然田田じゃなかったことのほうが由々しき事態だろう。

別に田田のラーメンがそのまんま大和家で食べられるとまでは思っていなかったが、こうまで大和家寄りだとも思ってもいなかった。要するにこれは、オーション麺を使っただけの大和家の醤油ラーメン。もろにそんなフィーリングである。

ややディスるような内容になってしまうこと何卒ご容赦願いたい。
この麺にこのスープじゃ弱過ぎる気がしてならなかった。味付き背脂がある最初の内は良い。背脂と刻みニンニクを絡めてこの麺を啜れば如何にもポイ!
ただモヤシの水分がスープの味を次第に薄めてゆくので、時間が経つにつれやはり味がボヤケてしまうのは避けられない。ゆえに後半追いニンニクや豆板醤で味を足していくも、それが逆にどんどん限定らしさを失なわせていくという負のスパイラル…


DSC_3982

盛りも良くインパクト大なんて先に記しちゃったけど、もともと大和家にだって「もやキャベ」があるじゃん!過去何度も食べているし、よくよく考えたら珍しくも何ともなかった。


やはりここでポイントとなるのは背脂の量。このヤサイを食べ進めるには、あまりにも背脂が少な過ぎた。背脂が無くなる=限定味終了と言っても言い過ぎじゃないだろう。

せめて、背脂と刻みニンニクは無料トッピングとして設定してもらいたかったところだ。


DSC_3992

豚も田田のバラロールだと嬉しかったんだけど、いつものレギュラー豚だったのは残念。けっしてこの豚が悪い訳ではない。むしろ良く出来ていると常に思っている。ただいつも冷たい状態での提供なので、スープで温めてから食べた方が断然美味いこともよく知っている。
確かにこの大判4枚はインパクトとしては十分だが、炙ってあるとかタレで温められているとかのひと工夫が欲しいと思うのは欲張りなのか。


どうもこの辺も含めて、田田とシンクロしきれないモヤモヤ感が残った理由だろう。麺は違えど、後半なんてほぼ大和家の醤油ラーメンを普通に食べている感じだったしね。オシイ。


DSC_3974

こちらはいつもの付け合わせ。


DSC_3994

マイベストソースを調合し 、からあげにベットリつけたらライスへぎゅうぅぅっと。これがライスを加速させる。


DSC_3996

大盛りのライスをおかわりし、いつもの〆のポチャン。千切り生姜と胡椒でサラサラ~っと。この時すでに限定感は1㍉もなく。


DSC_3997

イメージしていたものとは大分違ってはいたが、結果的に田田に行きたくなった!もしかしてこれが店の作戦だったのかもしれない💦


まあいい、田田へ行こう!


この限定が気になる方へのお節介。
味濃いめは必須。出来るなら逆にヤサイを減らしてもらい、味付き背脂と刻みニンニクは温存させる。そして短時間勝負。さすれば、もう少しインスパ系に寄れるはず。



ごちそうさまでした



前回訪問:2022/4/5(全店共通)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

(住所)東京都西多摩郡瑞穂町むさし野3-11-3
(電話番号)042-551-5551
(営業時間)11:00~27:00(LO26:30)
(定休日)無し
(席数)44席 (カウンター10席、テーブル2席×2卓・4席×3卓、小上がり6席×3卓)
(喫煙)駐車場に灰皿アリ
(駐車場)いっぱい


丸亀製麺/あきる野店 @あきる野 【限定/鬼おろし鶏ぶっかけうどん と 親子丼】

今回訪問:2022/6/16

さて、
今日の昼ごはんは、[丸亀製麺/あきる野店]へ。


DSC_3918

6/15より夏季限定のぶっかけうどんが解禁されたことはご存知だろうか?なんと今年は、リニューアル1つと新作2つをまとめて放ってくる意気込みよう。


11:20入店 先客4割くらい(後客激混み)
なんなんだこの慌ただしさは💦高校生くらいのが10人くらいで入店した時なんか、バラバラの注文が一斉に飛び交い、調理スタッフ達はてんやわんやじゃないか。


DSC_3921

そうそう!俺はこいつを食べに来たんだよ!鬼おろしぶっかけがベースとなって、「焼きたて牛肉」「揚げたて鶏もも」「さっぱり豚しゃぶ」がそれぞれ乗っけられ微妙に異なるチューンで仕上げられているんだって。控えめに言っても全部美味そう。って言うか全部喰いたいぞ。


DSC_3923

だが注意をしないといけないことがある。それはもはや丸亀アルアルとも言える『提供する店舗が限られている』ということ=͟͟͞͞(꒪ᗜ꒪ ‧̣̥̇)

ちなみにココあきる野店は「牛」と「鶏」は提供されているが「豚」はやっていない。つまりメニューによってあったり無かったり、もしくは全部無かったりなので、訪問する前にHPで販売店舗を確認されたほうが賢明だろう。


20220616丸亀1


注文ギリギリまで牛か鶏かで悩まされたが、期間中かならず両方食べることを心に誓い先ずは「鶏」を攻めてみることにした。しかも鶏に鶏を合わせるという、我ながら見事な采配ぶり!「それなら天ぷらもかしわ天だろ」ってゆうのは (∩゚д゚)キコエナーイ



しばらくすると・・・



DSC_3927
20220616丸亀2

得+大+ジャンボ!ヤバさは感じないけど見ためと響きは上々だろう。手に伝わるドッシリ感が、すぐにでも啜りたい気持ちをいっそう煽ってきやがる。それでも俺はガマンする。だってまずは観察からだもの。


DSC_3930

トッピングは、から揚げ・鬼おろし・なすの揚げびたし・刻み柚子。
揚げたてのから揚げから、チリッチリッと油が爆ぜる音が今でも聞こえているような気がする。


あぁぁメッチャ旨そう!


DSC_3935

ぶっかけという割には、「かけ」に近いくらいたっぷりと汁が入っていた。丸亀は出汁にも命をかけているからね、汁は多いに越したことはないぞ。


準備は整った、いざ!


DSC_3940

ハイ、良きぃぃeeEE!

やはりキーアイテムは鬼おろしだろう。酸っぱくない上品なポン酢がかけられていて、冷たいうどんをいっそう爽やかにしている。ノーマル大根おろしにはないシャリっとした歯触りも良きぃぃ!


DSC_3942

そんで、から揚げをカブリっ。熱々ジュワーなから揚げは、ニンニク醤油のヤングな味付け。爽やかにさせといて、これはズルい!

サッパリ→ガッツリ→サッパリ→ガッツリ……と、とまらん💦


DSC_3943

しかもコレ、鬼おろしとから揚げだけが主戦力と思う勿れ!何気に無視出来ないこの「なすの揚げびたし」は、新作である「鶏」と「豚」だけに実装された限定の限定アイテムなのだ。

肉厚なのにとろ~んとした食感と、噛むたびにじわぁぁっと染みでるお出汁がたまらんのよ。これを最大限敷き詰めたぶっかけうどんが喰いたくなるくらいだぞ!


DSC_3933

そして飯物からエントリーさせた「親子丼」は、当然のようにこの限定とも相性が良い。作り手による卵のトロトロ加減のバラツキは、ご愛嬌ってことで気にしないことにしよう。


DSC_3949

うん、普通に美味しい!これと言ってケチをつける隙が見当たらない。


DSC_3928

実は初めましての「ジャンボカニカマ天」に緊張がはしる。


だって、デカいから💦


ゆうに20cmは超えていただろう。もはや「ジャンボ」なんて死語に近いワードとも思っていたが、確かにコレはジャンボであった。


DSC_3952

もはや、カニ 🦀

カマの雰囲気なんて微塵も気にさせない、旨味溢れるまさにカニ天だった。

天ぷら群の1番手に置かれていたのも頷ける。丸亀としても【推し天】といったところだろう。今後見つけたら、必ずゲットしておきたい神天だ。


DSC_3954

ジメッと蒸し暑くなる、この時期ならではの爽やかな限定。ガッツリ派の人もきっと満足出来るだろう「鬼おろし鶏からぶっかけうどん(得)」。うどん好き、から揚げ好き、揚げびたし好きの方は、是非ともお試しあれ!!


あさりうどん

ちなみにこれはオマケ情報であるが、メニューボードの写真で気付いただろうか🚨
あきる野店には伏兵も潜んでいる🥷この夏の丸亀は忙しいぞ!



ごちそうさまでした



前回訪問:2022/3/18(他店舗共通)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

(住所)東京都 あきる野市 秋川6-7-10
(電話番号)042-559-8415
(営業時間)11:00~21:00 / (土日祝)10:30~21:00
(定休日)無し
(席数)いっぱい(80~100くらい)
(駐車場)いっぱい


スポンサーリンク
記事検索
アーカイブ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク
お知らせ
2019/11/17
 もっとシンプルにしました。
2019/11/16
 なんとなくアイコンをシンプルなものにしてみました。
2019/1/1
 明けましておめでとうございます。今年もダラダラっとやっていきますので、今まで以上のお付き合い宜しくお願い申し上げます。
さて、今年から読んでもらうだけじゃなく様々な疑問質問を投げかけます。時間許す限りディスカッション出来ればと思っておりますので、お付き合い頂けると幸いです。
2018/8/31
 最近店選びの段階でパンクしてしまい、どこにも行かず帰るパターンがあったりなかったり。
「○○に行け」的に指令くれれば参考にします。射程距離範囲内に限ります。
2018/4/16
 ちょっとだけカテゴリーを整理しました。
2017/5/9
 今さらですがTwitter始めました。使い方わかりません・・・
2017/2/7
 スマホ版をPC版と似たデザインに変更しました。
2017/2/4 
 PC・スマホ版に広告再開しました。
2017/1/1 
 PC用のみデザインをシンプルなものに変更しました。
ポチっと
お問い合わせ
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ