今回訪問:2016/11/28

子供達は一昨日の学校行事により、今日が振替の休みとのこと。 い~ね~、子供は休みが多くてさ・・・

だから今日は、一人じゃなく家族を連れての里帰り。 里と言っても1時間チョイ離れた、月一度帰ってる埼玉県ですけどね。

昼飯は、ららぽ富士見のフードコートへ。
CM161128-140749001
平日且つ14:00を過ぎていたから、フードコート全体の着席率は3割くらいだろうか。週末になると、この時間帯でも満席になって座れなくなるほど混んでるんだけどね。

麺・肉・海鮮・洋食・とんかつ・CAFE飯・韓飯・中華飯と結構なラインナップ。メジャーのマック・ミスド・ケンタ・銀だこなどのスナック系は別のエリアに店舗を構えているので、このフードコートは食の実力店が集まる激戦エリアとなっている。

そこで家族全員の食べたいものが分かれるかと思いきや、一昨日に引き続き、皆麺食を希望。
ただ店は[蔭山樓]と[つじ田]に二分した。

[自由が丘鶏白湯麺 蔭山樓]
CM161128-140935001

「鶏白湯塩そば」880(以下税抜き)
「麺大盛り」100
「ごはん(並)」200

注文から10分くらいで、配膳完了。
CM161128-142652001
「鶏白湯塩そば+大盛り+ごはん」
さすがは住みたい街ランキング総合4位の自由が丘ですね、なんとも洒落たどんぶりです。でも、この形(深型ボール)だと、食べ難くないのかねぇ。

CM161128-142801001
スープは、まるでクリームスープ。鶏の旨味と程よい塩気で、本気で旨い。口当たりはコッテリ系とも感じる粘度だけど、飽きがくることなくバランスが絶妙。

CM161128-142838001
麺は、3.5×2mmの軽くちぢれたモッチリ仕立て。まるで生パスタを食べているかのようで、カルボナーラやクリームパスタを連想させる。
麺量は大盛りで250g前後じゃないだろうか・・・

CM161128-142731001
トッピングは、レタス・トレビス・茹で鶏・フライドガーリック・糸唐辛子・タマネギ・味玉。
スープの粘度と旨味が強いから、トッピングはどれも目立ってこない。レタスは最初洒落てんなぁ~と思ったけど、熱入ってすぐにフニャフニャになっちゃうのが残念。

CM161128-143448001CM161128-143416001
半分くらい食べたところで、レモン汁を入れると酸味が加わって二度楽しめる的なことがレシートに書いてあったけど、酸っぱくなったスープにごはんを入れるのもなんだから、先にごはんにかけて頂くことに。
相性最高でした。マジ旨です。
その後でスープにレモン汁を投入しましたが、この時点でも野菜がシャキシャキだといいんだけど、時既に遅し。

一旦ここで総じて・・・、未経験のクリーム鶏白湯で、スープにこれといってケチを付けるところが見つかりません。お洒落で上品な味付けが、女性に受けるのもよく分かる気がします。
結構な上物でした。



以下、すゝめが食べた以外の写真も撮ったし、子供達の残したものも食べたので、軽く触りだけ。

CM161128-142618001
 蔭山樓「限定/あっさり醤油ワンタン麺」
スープは、鶏ガラに焦がしニンニクを効かせた醤油味で、ふんわりと柚子の香りがする。あっさりの割には味は濃いめ。
麺は、ちぢれた細麺。このタイプの麺に出会すの久しいな。
トッピングは、海老ワンタン・チンゲン菜・ネギ。

CM161128-141951001
めん徳 二代目つじ田 「濃厚味玉つけ麺」
 味玉は別皿での提供。今回はレジ横のポットにあるスープ割りをもらってみた。かなり強烈な鰹出汁で、割り過ぎちゃったから食後の余韻が鰹まみれになる・・・。

CM161128-141939001
めん徳 二代目つじ田「濃厚ラーメン」
スープ割りでラーメン仕様にのばしたものかな。やはりこちらも鰹まみれ。 ただ、すゝめ的にはつけ麺が熱盛りに出来ないからこちらの方が好きです。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

(住所)埼玉県富士見市山室1-1313
(電話番号)
049-257-5815
(営業時間)10:00〜21:00(ラストオーダー20:30)
(定休日)無し
(席数)いっぱい
(喫煙)不可
(駐車場)4600台