今回訪問:2022/9/29

さて、
今日の昼ごはんは、久々にあきる野の[五ノ神精肉店]へ。

DSC_5084

今日は何の日?


\\ 肉の日 //


ちゅうことで。。


10:15着 PPならずもベンチは(σ゚∀゚)σゲッツ!!
腰痛持ちにとっちゃ、座って待つのと立って待つのでは大違いなわけさ。


DSC_5117

今月の限定テーマは・・・


豚と醤油


豚は五ノ肉で扱う肉の中で最もポピュラーな食材だが、その分完成度と言うか信頼度は折り紙付き。今回『西っぽい』アプローチでくるとかこないとか。


20220929五ノ肉1


ラーメンは150食と余裕があるのに対し、焼肉丼の方はハードルの高さ3倍の50食限定早い者勝ち。51番目の人には申し訳ないが、是が非でもゲットしておきたい一品である。



しばらくすると・・・



DSC_5095~2
20220929五ノ肉2

1stロットで配膳されるも、飯物の提供がかなり遅れる『五ノ肉アルアル』が発動💦まわりのお客さんももう慣れている様で、動揺や苛立ちは一切見えず(ってか見せず)


DSC_5092

トッピングは、チャーシュー3種・三角メンマ・青葱・味玉・蒲鉾。
毎度の事ながら、肉の日らしいドッサリ感がなんとも頼もしい!


ぶたカマ

蒲鉾と言えば確かにコレ。カワユイけど、どうもガン見されとる気がしてならないぞ。


DSC_5098

滑らかでややトロッと感のある豚骨醤油スープ。コッテリではないが、アッサリってわけでもない。いろいろ溶け込んで、実に「ととのった」味わいである。


MOV_5104(1)

麺は、こんな感じの中細麺。このパスっとした歯触り、嫌いじゃないね!
絡みっぷりもなかなかよろしく、上手く説明出来ないがこの辺りにそれとなく「西っぽさ」が出ているんじゃないかと思っている。


DSC_5105

スープと麺だけでも十分「豚」を堪能出来ているわけだが、それでもやはりこの肉達の存在をスルーするわけにはいかない。
イベリコ豚は塩、肩ロースはチャダレで煮込み、豚バラは少し香ばしく焼きが入っている。フワッとしてクチュッとした食感のチャーシュー達は、いつも通り「量」は言うまでもなく「旨み」もたっぷりだった!


DSC_5101

こちらが選ばれし50人(先着)の「イベリコ豚ハラミ焼肉丼」也。構成的には焼肉のタレ味の肉がゴロンゴロンと白飯に乗っかって、頂きにニラネギキムチがボンっと。


DSC_5107


イベリィィィィEE!!!


DSC_5109

焼肉屋の味だコレ!!!!
あれ?もしかしてコレも「西っぽさ」なのか⁉ もはや海飛び越えちゃって、『肉』喰ってます感パネっソヨォォ!


DSC_5111

で、〆のルーティンへ。
このスープには、替玉の極細麺も良く似あう。久々全く違和感のない組合せじゃなかろうか。


ただ・・・


DSC_5113


_人人人人人人人人人人人人人人人_
> 唐辛子や胡椒がないじゃないか#<
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


イベント営業のみに変わり、卓上調味料も回転しなくなったから引っ込めちゃったのだろうか?お楽しみが少し減ってしまったぞ。


DSC_5115

そういや今月で五ノ肉は6周年でしたね。そろそろ第3部を始めてくれないかしら。



ごちそうさまでした



前回訪問:2022/7/29
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

(住所)東京都あきる野小川東3-9-13
(電話番号)042-533-3715
(営業時間)平日11:00~売切れ御免
(定休日)ほとんど休み
(席数)カウンター10席 テーブル4席×2卓
(駐車場)70台