今回訪問:2022/7/23

さて、
今日の夜ごはんは、お馴染み昭島の[大山家]へ。

DSC_4370

もちろん「冷たい魚介スープ割り」を飲みにお伺いしたしだい。


18:45入店 先客4(後客いっぱい)
おやおや~、今夜も店長オペでね。SSRな出現率と噂されていますけど、すゝめにとってはノーマルキャラ並のエンカウントなんだよね~。


20220708大山家1


2週間前と内容がマルっと被るので、券売機やPOPは割愛します。


DSC_4374

ただ、まったく同じってわけでもない。レギュラーだろうが限定だろうが大体に入れるニンニクを封印し、今夜はこの「ショウガ」でさっぱりキメてみようかと。



しばらくすると・・・



DSC_4380

ポンポンっとショウガを乗せただけだもの、前回と見ためはまったく変わらないのはあたりまえ。


DSC_4386



でも爽やか~🍃



すぅぅっとしたショウガ独特の雰囲気が、メッチャ冷やしつけ麺とマッチする。胡麻感がかき消されることもないから、むしろたくさん入れた方が逆にそれぞれが際立ちいっそうウマくなる。


DSC_4381

ニンニク族な自分が、「ショウガの方がウマいんじゃね?」って思っちゃうくらいのインパクトがありますよ!まだの人は是非試して頂きたい。


DSC_4383

ネギめしにも当然同じ縛りを設けてあります。つけ汁をちょこっとかけてアクセントに!



これも爽やか~🍃



DSC_4390

今回の本題でもある冷たい魚介スープ割りは、鰹出汁だろうか?『和』な感じがフッと鼻に抜けるようなやつ。
店長が冷蔵庫からプラポットを出して注いでいたところを見ると、濁りかたからして鰹だけじゃないかもしれない。冷製を一貫して楽しむなら「冷たい魚介スープ割り」もアリよりのアリだ。


DSC_4393

ここからは毎度お決まりの必勝ルーチン!
大ごはんをおかわりして、この冷え冷えスープへポチャン。


DSC_4394

昨年の冷やしつけ麺のときにも似たようなことを記したと思いますが、こっからはガチのスピード勝負です。

どうゆうことかと言うと、温かいごはんを冷たいスープに入れるわけだから、チンタラしてると全体がヌルくなっちゃうわけ。なので、ポチャンしたら追いショウガをして、味玉クラッシュしつつごはんを啜る。ごはんは温かいまま、スープは冷たいまま、温度のギャップを感じながら楽しむのがこの限定の醍醐味かと!


DSC_4396

この冷やしつけ麺で更なる『爽』を求めたい方は、一度ショウガを試してみてはどうだろうか。(次はMIXにしてみようかな)



ごちそうさまでした



前回訪問:2022/7/8
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

(住所)〒196-0003 東京都昭島市昭和町2-7-6
(電話番号)042-519-1620
(営業時間)日~木11:00〜22:00/金土11:00~23:00
(定休日)無し
(席数)20席(カウンター8席4席 テーブル4席×2卓 2席×1卓)
(駐車場)無し※近くに提携コインパーキング有