今回訪問:2020/10/1


眉毛の伸びるスピードがやたら早い!
手入れなんぞハサミ(文具)で十分だが、眉毛シェーバーに需要があるのは分かる気がする。あえて伸ばすのもアリか?



ramen01s



さて、
今日の夜ごはんは、拝島駅構内の[ムタヒロ]へ。


DSC_0986

夜な夜なTwitterを徘徊していると、先月から気になる限定がスタートしていたことを発見。そうなると、居ても立ってもいられなくなっちゃって…

毎日のように店前を通っているのに、外観の変化に気付けなかった。いつのまにかに「冷やし中華」のノボリがなくなって、新しい限定POPが貼られているじゃあ~りませんか。もう10月ですもんね、冷やしている場合じゃないってか!


20:20入店 先客10(後客6)
思っていた以上に混んでる感じ。しかも、後客の一人は社長のムタさん!雰囲気的には突然来た感じぽかったけど、スタッフは特に緊張した様子もなく、普通っていうのが何気に凄い。フランクな社風なのだろうか?羨ましいです。


DSC_0965

券売機の画面を見る限り、特に変わった様子はないですね。
限定用のボタンがあるわけでもなく、同額の食券購入し口頭でオーダーするスタイルは相変わらず。

それと、羽村に近日オープンする[中華そば ふるいち]のビラがあったのに、もらってくるの忘れたちゃった…不覚。


20201001ムタヒロ1


背脂の量とか麺の硬さとかの微調整は出来ると思いますが、受注時に何も聞かれなかったから「親父郎」的な無料トッピングはないようですね。

ただ、後で注文するため替え玉券をカウンターの端に置いたら、「大盛り出来ますよ」と可愛く教えてくれたので「替え玉」じゃなく「大盛り」にしてもらっています。



しばらくすると・・・



DSC_0970
20201001ムタヒロ2

ん〜、思っていたほどのBLACKでもないような・・・🤔?


DSC_0971

トッピングは、 チャーシュー・穂先メンマ・ネギ・海苔。「鶏そば」の基本トッピングと同じっぽいですね。


DSC_0973

初見黒く見えなかったのは背脂のせいだったようで、実は見事なBLACKっぷり!ウスターソースクラスの漆黒度です。

かなり積極的な塩っぱさだけど、煮干しもハッキリと感じられるし、甘みすらあって、かなりすゝめ好みな設定値。「ノーマル煮干しではチョット物足りないなぁ…」と思うあたりを見事に補完してくれています。


DSC_0975

麺は、「煮干しそば」や「親父郎」と同じものと思われる太いピロピロ麺。ムッチリしていて、濃口のスープと笑っちゃうくらい相性がイイ。

タレの塩気、胡椒の刺激、背脂のコッテリ感、其々が強く主張するも、この麺を介すことで一体感が生まれている。他の麺だとバランス悪いのかな?替え玉で試すのも面白かったのかも。


DSC_0977

ちょっとスープに浸かっていただけで、この見事な染め上がり。アースカラーは目に優しい。


DSC_0979

デフォルトでも十分満足出来ちゃう味ですが、それでもやってみたくなるニンニクの投入!

想像通りのヤングな味になりますが、非の打ちどころが1㎜も無くなります。背脂煮干しには、やはりニンニクが不可欠です。あっ知っているかとは思いますが、すゝめは1㎜もヤングじゃありません!念のため!


DSC_0967

受注時に「ニンニクと柚子胡椒を多めで下さい」って伝えれば、こんな感じで出してくれます。


DSC_0981

で、その柚子胡椒はこっちに乗せます。
過去いろいろ試しましたが、「チャーシュー丼」をこれ以上美味しく食べる方法は、今のところ見つけられません。柚子胡椒最強説!


DSC_0983

と言いつつ、ポチャっと浸けてみたりして・・・
丼ダレの甘みが際立って、これはこれで美味い。


DSC_0984

濃口派には、強くオススメしたい一杯。
食べた人の中には「塩っぱ過ぎる」的なアンチな意見もあるでしょうが、拝島にはこうゆう塩気が必要なんDeath!



ごちそうさまでした



前回訪問:2020/7/15
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

(住所)東京都昭島市美堀町5-21-2 2F
(電話番号)042-519-2242
(営業時間)11:00~23:00(LO22:30)
(定休日)無し
(席数)30席(カウンター20席・テーブル2席×3卓・テーブル4席×1卓)
(喫煙)不可
(駐車場)なし