今回訪問:2020/1/14


パソコンも、スマホも、身体も、な~んか調子悪い。

PCはメモリー増設&SSD換装、スマホはroot化、身体は厚着でもしときゃいっか・・・



ramen01s



さて、
今日の昼ごはんは、狭山の[優勝軒]へ。


CM200114-130644001

ネット調べによると、最寄り駅である西武池袋線の稲荷山公園駅って所から徒歩10分。全然歩けない距離ではないが、家からその駅まで乗り換え3~4回で1時間30分はかかるじゃないか💦オイオイオイ
つまり足は100%車だし、普段の行動エリアに入っていないから、思い付いてもなかなか来れないジレンマが・・・ムムム

13:10入店 先客1(後客0)
確かに13時過ぎではあるけれど、この静けさはいったい?


CM200114-130810003

前回は「富士らーめん」にしたので、今回は双璧をなす「もりそば」を。
っていくべきところ、ひねくれた人差し指が斜め下をポチッと。


「豚つけ麺」850
「特盛り」200
「Bセット」160



Bセットは「餃子+ライス」か「チャーシュー丼」から選択出来るので、「チャーシュー丼」で申請。元気でハキハキした接客が、やたら店内に響きます・・・


CM200114-131308006

先客も帰っちゃって、50席くらいあるホールにオンリーワン!店内にBGMすら流れて無かったので(聞えなかっただけかも)、調理中の些細な音や店員の声が妙に聞こえ、静寂好きとは言えなんとも孤独感が ピュ~~~🍂



しばらくすると・・・



CM200114-131709011
「豚つけ麺」
+特盛り+チャーシュー丼

チャーシュー丼が乗りそうで乗らない、微妙な大きさのトレー 🍚Σ(꒪⌓꒪ノ)ノ
女性店員より「器が非常に熱いので」と一言添えられ・・・


CM200114-131759015

確かに!石焼レベルで超~熱いス。

肝心のつけ汁は、濃厚豚骨って感じではなくシャバシャバで旨味アリアリなタイプ。雑な例えだけれども、スーパーとかで売っている塩豚骨味の鍋つゆにありそうな・・・
これはこれで凄く美味いんだけど、「おお!」って感動がなかったのは、ひと口目でそう思っちゃったからなわけで。

ちなみにトッピングは、つけ汁の中に豚バラ肉と玉ネギ、麺側にメンマと水菜。


CM200114-131828016

ギュッと引締まった好みの麺。太さ的に「富士らーめん」の麺と同じかもしれないですね。中華麺的っぽい独特な風味が美味しい!

つけ麺もラーメンも、同じ麺量なのだろうか?同じ特盛りでも前回より少なく感じたから、体感的にみると400gってところだろう。


CM200114-132043020

正直、汁のみとの絡みは悪い。しかしながら、たっぷり入った豚肉を毎度一緒に掴んで啜るわけだから、何気に塩気のバランスはちょうどイイ!


CM200114-132204023

一緒にトレーに乗ってきたおろし生姜を投入すれば、豚肉+タマネギ+生姜の組み合わせだから当然生姜焼きっぽい味になります。
当然想定内の味ですが、日本人全員が好きな味!


CM200114-131611008

角切りチャーシュー・ネギ・甘塩っぱダレ、「チャーシュー丼」はスタンダードな組合せです。


CM200114-132410025

タレは結構甘めで、蒲焼とか焼鳥とかのそれに近い。個人的には、柚子胡椒や山椒が合うと思うんだけど、その2つを卓上に置いている店はそうそう無いのが辛いところですね。


CM200114-133007027

スープ割りは、お願いするとポットを持ってきてくれました。香味野菜を炊いたスープだろうか、ほぼ味の無いお湯に近いものなので、薄まっちゃうから入れ過ぎには気を付けないといけません。ただ熱々だったので◎です。


CM200114-133235029

美味しかったけど、久々ハードルを上げ過ぎちゃったかも💦
看板メニューの「もりそば」や、辛い系を食べてみないと何とも言えないが、それでもココは「富士らーめん」にアドバンテージがありそうだ。


ごちそうさまでした



前回訪問:2019/12/11(全店共通)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

(住所)〒350-1323 埼玉県狭山市鵜ノ木14-4
(電話番号)0429-53-5066
(営業時間)11:00〜23:30(LO23:00)
(定休日)無し
(席数)44~56席(カウンター20席 テーブル4~6席×6卓)
(喫煙)不可
(駐車場)15台