今回訪問:2018/5/1

GW9日間の内、連休じゃないけど5日間も休み。
あぁぁぁ、することない・・・

とりあえずカインズにでも行って、何かないか探しに行こう!何かって?


と、その前に腹ごしらえ。
今日の昼ごはんは、先日行った[五ノ肉]の本丸である[らーめん いつ樹 本店]へ。


BlogPaint
初訪です。
ってか、以前(8~9年くらい前かな)福生の[雫deいつ樹]のときに、2回くらい行った記憶があるような無いような・・・


CM180501-110323005
再オープン以来スゲ~混んでるって噂があったので少々敬遠していましたが、最近客足も落ち着いてきたと同僚に聞いたのでチラ見に。


CM180501-110333006
11:00着 先客15くらい。その後ずっと外待ち発生してました。

客足落ち着いてね~し💦
GWだからかな、遠方ナンバーの車がいっぱいです。
倉敷・松本・品川・練馬・所沢(おっチョット親近感)などなど・・・


CM180501-114828037
タイからも・・・ウソです。


CM180501-110836007
やっと中へ。
券売機には、レギュラー2種(ラーメン・つけ麺)と限定1種(つけ麺)+諸々。
店内に充満している海老の香りのせいで、つけ麺のボタンに指が誘導されそうですが・・・


「鯛塩らーめん+鯛おこわ」900
「味玉」100
「チャーシュー」200
「大盛り」100



「おこわ」を「鯛塩らーめん」とセットで購入すると、バラより50円お得になるようです。
だから、おすすめなんですね。

食券を渡し、席に着けたのが11:10。
ここからが長い長い・・・。

1ロット5~6杯で、つけ麺➞ラーメン➞つけ麺って感じにロットごとにまとめて調理するので、自分のはラーメンだから、、、、4ロット目。マ、マジか💦


CM180501-113648021
グイッ

CM180501-113652023
ギュッ

CM180501-113650022
パラ~

じっくりアリーナで見させてもらいました。
お店は忙しいでしょうけど、待っている方は暇なんです・・・

この方[五ノ肉]で見ないと思ったら、こちらにいらしたんですね。


11:35過ぎに、やっと配膳完了です。

CM180501-113337010
「鯛塩らーめん」
+大盛り+味玉+チャーシュー+鯛おこわ


これが本丸渾身の一杯!
さっきまで海老香だったのに、目の前に置かれた途端に鯛の香りに包まれます。
色味は地味だけど・・・


CM180501-113743025
いや~、旨いなこのスープ。
しっかりした鯛の風味に角の無い塩気、それにオイリーなんだけど重さは皆無でアッサリしている。

陸系の厚みと比べちゃうと何か物足りない感もあるんだけど、和を連想させる大人が食べる上品な一杯って感じがイイです。自分、大人なんで!


CM180501-113351012
トッピングは、チャーシュー・味玉・刻みタマネギ・三角メンマ・青ネギ・海苔。

チャーシューはバラ肉のホロホロタイプ。
脂身多くて旨いけど、ココは海系じゃないんですね・・・


CM180501-113457015
三角メンマって、こんなに甘かったっけ?
このラーメンだからこそ、感じられたのかも。


CM180501-113530016
麺は、喜多方みたいな平打ちのピロピロタイプ。
モッチリさとチュルッとさが備わっていて、スープの絡みも悪くありません。

ワザワザ茹でる直前に一玉一玉を丁寧にもみ込んでいたのは、パフォーマンスだけじゃなかったんですね。


CM180501-113246009
ほぐした鯛の身が、たっぷり混ぜ込まれたモッチリおこわ。
口の中が既に鯛なので、ダイレクトに食べても味の良し悪しがいまひとつ分からない。

なので、お店のおすすめ通りに・・・


CM180501-114334030
ドボンはせずにそ~っと残ったスープを注いでみると、鯛のスープ+鯛の身でより濃厚な海の味に。
ラーメンよりこっちの方が、鯛感がハッキリしていて好みの味でした。

如何せん、温度が・・・イカンセン


CM180501-114535035
久しぶりに、魚全開の極旨な一杯でした。
加齢に伴ない、魚に対するストライクゾーンが広がってきたみたいだ。




ごちそうさまでした





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

店舗DATA

(住所)東京都青梅市新町9-2211
(電話番号)0428-34-9424
(営業時間)11:00~スープ・麺が無くなるまで/17:00~21:00
(定休日)水曜日
(席数)カウンター10席 テーブル4席×2卓 2席×3卓
(喫煙)不可
(駐車場)24台